県広報紙「ひばり」(茨城県)

2021年6月号

■[県政トピックス]「人財(じんざい)」を育成する多様な教育 県立中高一貫教育校を開校
県では、豊かな人間性と「起業家精神」を兼ね備えた地域のリーダーや世界に飛び立つ人財などを育成する、県立中高一貫教育校の設置を進めています。

◆新たに3校が開校
学校の適正規模・適正配置や学校・学科の在り方などについての基本的な方向を示した「県立高等学校改革プラン」に基づき、4月から新たに水戸第一高等学校附属中学校、土浦第一高等学校附属中学校、勝田中等教育学校が開校しました。
県立中高一貫教育校では、6年間の計画的・継続的な教育活動を柱に、生徒の個性を伸長し、探究活動を通して国際教育、科学教育などに重点を置いた教育を展開していきます。

◇開校および開校予定の県立中学校・中等教育学校(2020(令和2)年度以降)

※校名は2021(令和3)年7月頃決定(予定)

◇学習活動の一例
・水戸第一高等学校附属中学校/「最先端科学に関するワークショップ」
・土浦第一高等学校附属中学校/すべての教科で英語発信力を強化する「+English」
・勝田中等教育学校/企業や大学などと連携した「未来探究」

◇ICTを活用した授業の様子
・勝田中等
・水戸一高附属中
・土浦一高附属中

◆学校法人角川ドワンゴ学園と教育・地域活性化包括連携協定を締結
県は、今年3月、単位制・通信制高校「S高等学校」を運営する角川ドワンゴ学園と、教育向上や地域の活性化を図ることを目的とする連携協定を締結しました。
これにより、県立高校と角川ドワンゴ学園の双方にあるeスポーツなどの部活動の連携(オンラインでの交流など)や、角川ドワンゴ学園にある起業部などへの県立高校の生徒の参加が可能になります。

主な連携協定項目:
・教科教育、特別活動、部活動などの教育分野に関すること
・オンラインシステムなどの情報通信技術を活用した教育に関すること
・産業振興に関すること

◇学校法人角川ドワンゴ学園S高等学校
今年4月につくば市に開校した、ICTツールを活用し、多様な学びができる単位制・通信制課程(広域)の普通科高校
問合せ先
県高校教育課
電話
029-301-5208
その他
「県立中高一貫教育校」について