広報坂東(茨城県坂東市)

No.200(令和3年11月18日号)

■(1)事業者のPCR検査費用の一部を助成します
新型コロナウイルス感染症の感染予防対策を促進するため、市内に事業所を有する事業者が従業員等に対して実施するPCR検査に対し、助成金を交付します。
対象者:市内に事業所を有する事業者
対象検査:令和3年8月1日(日)から令和4年2月28日(月)に実施した検査
助成額:
・1人あたり1回の検査につき上限2万円まで
・1事業者あたり上限30万円まで
※陰性証明書にかかる費用等や、行政検査、発熱などによる検査を除く。
申請期限:令和4年3月11日(金)まで(郵送の場合は必着)
申請書類:
(1)坂東市事業者PCR検査費用助成金交付申請書兼請求書
(2)PCR検査に係る領収書の写し(事業者あてに発行されたもの)
(3)坂東市事業者PCR検査費用内訳表
申請方法:申請書類一式を商工観光課へ提出してください。

問合せ:商工観光課
【電話】0297-20-8666

■(2)(飲食店以外の事業者向け)営業時間短縮要請等関連事業者一時金
茨城県が発令した営業時間の短縮要請や外出自粛要請の影響により、令和3年8月または9月の売上が減少した事業者に対し、一時金を支給します(飲食店へは県から協力金が支給されます)。
対象者:営業時間短縮要請などの影響により、8月または9月の売上(業務委託契約などの収入も可)が、前年または前々年の同月(※令和2年9月から令和3年6月までの間に開業した方への特例あり)の売上と比べて15%以上30%未満の範囲内で減少した次のいずれかに該当する市内事業者
(1)営業時間短縮要請に協力した飲食店と直接の取引がある事業者
(2)外出自粛要請により直接的な影響を受けた中小企業および個人事業者
支援額:1事業者あたり15万円(1事業者につき1回限り)
申請期限:12月15日(水)まで(郵送の場合は必着)
申請書類:
(1)営業時間短縮要請等関連事業者支援一時金支給申請書兼請求書
(2)令和元年または令和2年の法人または個人確定申告書の別表1もしくは第一表の控えの写し
(3)8月または9月の売上が確認できる売上台帳など
(4)振込先口座の通帳の写し(名義、金融機関名、支店名、口座名、口座種別、口座番号がわかるもの)
(5)法人事業概況説明書の写し(法人のみ)
(6)所得税青色申告決算書の控えの写し(個人事業者で青色申告者のみ)
(7)本人確認書類(個人事業者のみ)
※詳細については、市ホームページをご覧いただくか、商工観光課までお問い合わせください。
申請方法:申請書類一式を商工観光課へ提出してください。

問合せ:商工観光課
【電話】0297-20-8666

■(3)交通事業者に支援金を支給します
新型コロナウイルス感染症の影響を受けている交通事業者に対し、事業継続のための支援金を支給します。
対象者:タクシー事業者、運転代行事業者及び貸切バス事業者
支援額:
・タクシー事業者、介護タクシー事業者、運転代行事業者 1台あたり5万円上限25万円
・貸切バス事業者 1台あたり7万円上限75万円
※同一事業者に対しての交付は1回限りとなります。
申請期限:12月15日(水)まで
申請書類:
(1)坂東市交通事業者支援金交付申請書兼請求書
(2)運送法に基づく許可または代行法に基づく認定を受けたことを証する書類の写し
(3)支援金の額の算定に係る車両の自動車車検証の写し
申請方法:申請書類一式を商工観光課へ提出してください。

問合せ:商工観光課
【電話】0297-20-8666

■(4)小中学校給食費を免除
茨城県から8月20日に発令されていた緊急事態宣言が9月30日で解除となり、市内小中学校では、10月1日から通常授業が再開されました。
夏休みが明けた9月1日から26日までは特別授業が行われ、自宅で学習用タブレットを使用したリモート学習などを実施。茨城県独自の非常事態宣言解除後の9月27日から30日の4日間は、午前中4時間授業とし、給食を提供するなど、段階的に学校生活を再開しました。市では、この4日間について、子育て世代の経済的な負担を軽減するため、市内小中学校の全児童・生徒の給食費の免除を行いました。
対象日:9月27日~30日の4日間(無料)
対象人数:3,696人
免除総額:321万6千円

問合せ:
・岩井学校給食センター
【電話】0297-36-8888
・猿島学校給食センター
【電話】0280-88-0268

■(5)自宅療養者に食料・日用品をお届け(無料)
市民の方で、新型コロナウイルス感染症に感染し、自宅で療養している陽性者とその同居家族に対して、療養に専念できるように食料品や日用品などを無料でお届けします。
対象者:新型コロナウイルス感染症の陽性者と診断され、市内で自宅療養をしている坂東市民とその同居家族(濃厚接触者)
支援内容:
・食料セット(1人あたり1日3食相当の栄養補助食品とレトルト食品を7日分)
・日用品(ボックスティッシュ、トイレットペーパー、ごみ袋など)
※食料セットの内容については、個別要望にはお応えできません。
※食物アレルギー等の対応はできませんので、ご自身で商品の原材料表示をご確認ください。
※世帯構成により、数量を調整させていただきます。
※そのほか、子ども用紙おむつなどの指定日用品を支援することも可能です(ブランド指定不可)(紙おむつ(こども用・おとな用)、粉ミルク、おしりふき、生理用品)
配送方法:申請日の翌日以降に、市職員が自宅へお届けします。
お届けの際に電話でご連絡し、玄関などに箱(支援物資)を置かせていただきます(非対面での受け渡し)。
※お届けの際、連絡が取れない場合や留守の場合、支援物資を回収させていただく場合があります。
実施期限:令和4年2月28日(月)まで
申込方法:市では陽性者等について把握していませんので、対象となる方がお電話でお申し込みください。

申込・問合せ:健康づくり推進課
【電話】0297-35-3121