広報しもつけ(栃木県下野市)

令和3年6月号

■春の叙勲・褒章、危険業務従事者叙勲~おめでとうございます
令和3年春の叙勲・褒章と第36回危険業務従事者叙勲において、本市から受章された皆さまをご紹介します。

▼瑞宝双光章(地方自治功労) 林安雄氏
1963年に南河内村役場に入り、社会教育課長などを歴任されたのち、町収入役を3期務められました。地方自治の発展に寄
与されました。

▼瑞宝双光章(防衛功労) 熊谷正臣氏
1967年に陸上自衛隊武山駐屯地に入隊し、宇都宮駐屯地において自動車訓練所長で退職されました。
国の防衛に寄与されました。

▼瑞宝双光章(消防功労) 高橋正夫氏
1970年に石橋地区消防組合に入り、2008年から4年にわたり消防司令長として活躍されました。
地域の安全に寄与されました。

※高橋正夫氏の「高」の正式表記ははしごだかです。

▼瑞宝双光章(消防功労) 橋本孝司氏
1970年に石橋地区消防組合に入り、2008年から4年にわたり消防司令長として活躍されました。
地域の安全に寄与されました。

■自治会活動の功労を表彰
▼自治会活動功労者知事表彰
若林北部1区自治会長の滝澤芳夫様が、栃木県自治会活動功労者知事表彰を受賞されました。
この表彰は、12年以上自治会長を務め、自治会の育成や活動促進に貢献された方の功績を称えるものです。

▼自治振興功労者表彰
栄町4丁目4区自治会長の下蔵勝治様が、栃木県自治会連合会自治振興功労者表彰を受賞されました。
この表彰は、10年以上自治会長を務め、自治会の育成や活動促進に貢献された方の功績を称えるものです。

■下野エール大使を委嘱~永井塁さん
本市出身のタレント、永井塁さんが、新たに9組目の「輝け!下野エール大使」に就任しました。
永井さんは、FM栃木やとちぎテレビのレギュラー番組をもち、「とちぎ未来大使」としても広く活躍しています。また、浅草に負けないような寄席の文化を下野市に創りたいとの思いから、定期寄席「笑い場しもつけ」を開催するなど、地域の活性化に貢献しています。
今後のさらなるご活躍を期待しています。

■(株)小林工業様から寄贈~横断旗
株式会社小林工業様から、横断旗100本を寄贈していただきました。市内小学校に配布し、登下校時の交通安全のために活用させていただきます。
ありがとうございました。

■石橋ライオンズクラブ様から寄付
石橋ライオンズクラブ様から金20万円の寄付をいただきました。新型コロナウイルス感染症対策にたずさわる医療従事者のために活用させていただきます。
ありがとうございました。

■石橋にぎわい広場がオープン~石橋庁舎跡地に整備しました
4月25日に石橋にぎわい広場がオープンしました。
広場は、公園のように誰でも利用できるほか、イベント等を開催するために貸し切ることもできます。また、防災トイレやソーラー発電照明の設備を整えているので、災害時には一時的な避難所として使用できるようになっています。
利用方法などは25ページをご覧ください。

■指定管理セレモニー~姿西部考古台地コミュニティセンター
4月18日の姿西部考古台地コミュニティ推進協議会総会において、姿西部考古台地コミュニティセンターの指定管理セレモニーが行われました。
今後は同協議会による指定管理のもと、地域の交流の場として地域の皆さまにご利用いただけます。

■重機と重機搬送車を新たに整備~石橋地区消防組合消防本部
総務省消防庁から重機と重機搬送車が配備され、4月から運用を開始しています。
土砂災害救助活動を想定し、ラジコンによる操作や放水も可能となっているほか、がれきの撤去などに使用する計量ベルトコンベア8台も付属しています。