広報しもつけ(栃木県下野市)

令和3年6月号

■ダイバーシティ
近年『ダイバーシティ』という言葉を耳にすることが増えました。
ダイバーシティとは、直訳すると「多様性」です。特にビジネスの場においては、性別や年齢、障がいの有無、人種、経験、生活における価値観など、それぞれの人がもつ要素の違い(ダイバーシティ)を受け入れ、活かす考え方を指します。
人材の多様性を確保することは、様々なニーズに柔軟に対応できるようになることにつながり、ひいては生産性を向上させることにつながります。
ダイバーシティは、意見が軽視されがちな立場にある人々や少数派の人々はもちろん、社会全体にとっても大きなメリットをもたらすのです。