広報みぶ(栃木県壬生町)

2021年8月号

■栃木県地域企業応援一時金の実施について
県では、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響を受け、厳しい経営状況にある事業者の皆様に対し、応援一時金を支給しています。
申請期限:令和3年9月30日(木)
支給限度額:
・中小法人 20万円
・個人事業主等 10万円
※1事業者1回限り

支給要件:
※次の全てに該当すること

・県内に主たる事業所を有していること
・資本金の額又は出資の総額が10億円未満であること
・令和3年4月又は5月の売上高が、前年同月比又は前々年同月比で50%以上減少していること
・次の(ア)〜(オ)のいずれかに該当するものであること
(ア)飲食店を営む事業者
(イ)(ア)と当該飲食店の営業に関して直接又は間接の反復継続した取引がある事業者
(ウ)主に対面で個人向けに商品又はサービスの提供を行う事業者
(エ)直接、(ウ)に商品の販売又はサービスの提供を反復継続して行う事業者
(オ)販売・提供先を経由して、(ウ)に商品の販売又はサービスの提供を反復継続して行う事業者
・新型コロナウイルス感染拡大防止のための業種別ガイドラインに沿った対策を実施していること
・今後も事業を継続する意思があること。
申請方法:郵送又はインターネットにより申請
※詳細につきましては、栃木県HPにてご確認いただく又は、役場商工観光課・壬生町商工会に申請書類一式をご用意していますのでご確認ください。

問合せ:栃木県地域企業応援一時金サポートセンター
【電話】028-666-7111

■8月は、北方領土返還運動全国強調月間です
北方領土の1日も早い返還実現のため、皆様の御協力をお願いします。

■総合政策課からのお知らせ
◇「戦争のない平和な国際社会を目指して
今年の8月で、終戦そして被爆から76年目を迎えます。
壬生町では、国際平和普及啓発活動として、町民のみなさまに、戦争の悲惨さ・恐ろしさをお伝えするとともに、戦争のない平和な国際社会の実現に向けた取り組みを次のとおり実施します。

◇「平和パネル展」にお越しください
原爆の悲惨さを物語る様々なパネルを展示します。
また、期間中、会場では世界平和を願う「折り鶴」を募集します。(会場にも折り紙を設置しますので、みなさまのご協力をよろしくお願いします。)
開催期間:8月5日(木)〜19日(木)
会場:みぶハイウェーパーク「みらい館」にて開催

◇原爆死没者・戦没者の慰霊並びに平和祈念の黙祷にご協力ください
広島と長崎では、原爆死没者の冥福と世界恒久平和を願い、原爆が投下された時刻に1分間の黙祷を捧げています。みなさまの家庭や職場及び地域でも黙祷をお願いします。
・8月6日(金)午前8時15分[広島の原爆死没者の冥福を祈る黙祷]
・8月9日(月)午前11時2分[長崎の原爆死没者の冥福を祈る黙祷]
・8月15日(日)正午[戦没者を追悼し、平和を祈念する黙祷]

◇令和3年度壬生町中学生平和研修派遣事業の中止について
壬生町では、平和研修派遣事業として、毎年、広島市の平和記念式典にあわせて、町内の中学2年生4名を派遣していますが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、今年度は事業を中止することにします。
なお、代替事業として、平和首長会議が主催する絵画コンテストの作品募集を実施します。詳しくは、各中学校へ配布したチラシをご覧ください。

[共通事項]
問合せ:総合政策課企画調整係
【電話】0282-81-1813

■水道課からのおしらせ
◇水道メーター検針のお知らせ
水道メーター検針を次のとおり実施しますので、ご協力をお願いします。また、メーター器及びボックスについては、お客様に管理をしていただくことになっていますので、重ねてお願いします。
期間:9月1日(水)〜10日(金)
特にご協力いただきたい事項:
・期間中、犬は出入口やメーターボックスから離れた所につないでおいてください。
・メーターボックスの上には物を置かないでください。
(鉄板、資材、植木鉢、車、洗濯機など)
・メーターボックスの中はきれいにしておいてください。
(水、砂、泥、ゴミなど)
・家屋の増改築の際は、メーターボックスを見やすいところに設置してください。
宅内漏水にご注意を!:床下など見えないところで漏水していることがありますので、ときどき水道メーターの確認をお願いします。
漏水を発見した場合は、町指定給水装置工事事業者に連絡し、早急に修理をお願いします。
※修理費用はお客様負担となります。

◇放射性物質測定結果について
3ヶ月に1度、水道水の放射性物質を測定しています。
結果については、町公式ウェブサイトで随時公表しています。
なお、放射性物質は検出されていませんので、安心してご使用ください。

[共通事項]
問合せ:水道課
【電話】0282-82-2260
(徴収事務受託者(株)日本ウォーターテックス)

■令和3年度就学義務猶予免除者等の中学校卒業程度認定試験について
1.趣旨
病気などやむを得ない事由により、保護者が義務教育諸学校に就学させる義務を猶予又は免除された子等について、中学校を卒業した者と同等以上の学力があるかどうかを認定するために国が行う試験であり、合格した者には高等学校の入学資格が与えられます。

2.受験資格
次の(1)から(4)までのいずれかに該当する者
(1)就学義務猶予免除者である者又は就学義務猶予免除者であった者で、令和4年3月31日までに満15歳以上になる者
(2)保護者が就学させる義務の猶予又は免除を受けず、かつ、令和4年3月31日までに満15歳に達する者で、その年度の終わりまでに中学校を卒業できないと見込まれることについてやむを得ない事由があると文部科学大臣が認めた者
(3)令和4年3月31日までに満16歳以上になる者((1)及び(4)に掲げる者を除く。)
(4)日本の国籍を有しない者で、令和4年3月31日までに満15歳以上になる者

3.試験実施期日
10月21日(木)

4.試験科目
・国語
・社会
・数学
・理科
・外国語(英語)

5.願書受付期間
9月3日(金)まで

問合せ:学校教育課
【電話】0282-81-1869

■夏季における年次有給休暇の取得促進について
◇事業主の皆様へ
新型コロナウイルス感染症対策として、新しい生活様式が求められる中、新しい働き方・休み方を実践するためには、計画的な業務運営や休暇の分散化にも資する年次有給休暇の計画的付与制度や、労働者の様々な事情に応じた柔軟な働き方・休み方に資する時間単位の年次有給休暇制度の導入が効果的です。
詳しくは、栃木労働局雇用環境・均等室にお問合せください。

問合せ:栃木労働局雇用環境・均等室
【電話】028-633-2795