広報ひがしまつやま(埼玉県東松山市)

2021年5月号No.1099

◆それ、DVかもしれません~様々な種類のDV~
令和元年度に実施した「東松山市男女共同参画に関するアンケート」の調査結果では、夫婦(事実婚や別居中も含む)や恋人から平手で叩かれたり、足で蹴られたりしたことはどんな場合でも暴力に当たると答えた人は84.7%でした。しかし、何を言っても長時間無視をされ続けたことはどんな場合でも暴力に当たると答えた人は46.3%でした。身体的な危害が及ばない行為は暴力であるという認識が低いことが調査結果からも分かっています。
DVには、身体的な暴力以外にも、精神的な暴力、経済的な暴力、性的な暴力など、様々な種類があります。また、暴力を受けるのは女性だけではなく、男性である場合もあります。交際相手からの暴力のことを、デートDVといい、被害者の年齢も様々です。
被害者の中には、自分が悪いからと自身を責め、誰にも相談せず一人で抱え込んでしまう人もいます。まずは、相談をしてみませんか?問題解決のために、一緒に考えましょう。

市配偶者暴力相談支援センター(人権市民相談課内)
【電話】0493-81-5702
(平日午前8時30分~午後5時15分)
※年末年始を除く
問合せ先
人権市民相談課
電話
0493-21-1416
その他
【FAX】0493-23-2236