しぶや区ニュース(東京都渋谷区)

令和3年(2021年)9月15日号

◆知的障がい者移動支援従業者(ガイドヘルパー)養成研修(全3回)(オンライン)
日時:11月27日(土)・28日(日)9:00~17:00
※講義終了後2か月以内の1日間、区内の障がい者支援事業所で実習あり
配信:Zoom
内容:資格取得に必要な知識・実技
※東京都認定の修了証を取得できます。
講師:社会福祉士 市川和男氏ほか
対象:区内在住・在勤・在学の18歳以上でインターネット接続ができるPCなどがある人
定員:30人(抽選)
申込み:10月8日までに電話・ファクス・メール・窓口で(本紙6ページ必要事項のほかメールアドレス)

問合せ:障がい者福祉課経理係
【電話】03-3463-1936
【FAX】03-5458-4935
【メール】sec-syoufuku_keiri@shibuya.tokyo

◆敬老祝品の贈呈
例年、民生委員が敬老金をお届けしていましたが、新型コロナウイルス感染拡大に伴い敬老祝品(金券5,000円+カタログギフト5,000円相当)を配送業者がご自宅へお届けします。
※配送時期は、10月下旬
対象:区内に住民登録があり、75歳以上の人(9月15日現在)
※申込不要

問合せ:高齢者福祉課高齢者相談支援係
【電話】03-3463-1989
【FAX】03-3463-2873

◆介護に関する入門的研修andおしごと相談会(全6回)
日時:
・10月18日(月)
・10月19日(火)
・10月21日(木)
・10月26日(火)
・10月28日(木)
・10月29日(金)
10:00~14:45
(19・28日は15:00まで、26日は14:30まで)
場所:渋谷フォーラムエイト(道玄坂2-10-7新大宗ビル6階)
内容:介護に関する基礎知識、就職相談など
対象:6日間参加でき、介護の仕事に興味のある人
定員:30人(抽選)
申込み:10月4日までに電話・応募フォームで(株)ミッキーNEXTへ
【電話】03-6913-3017

問合せ:介護保険課介護相談係
【電話】03-3463-2137
【FAX】03-5458-4934

◆公衆浴場無料入浴デー
※実施しない浴場あり、各浴場へ問い合わせ
◇高齢者入浴デー
日時:
・10月3日(日)13:00~16:00
・10月17日(日)13:00~16:00
対象:区内在住の60歳以上で利用者証のある人(受付で利用者証を提示)
利用者証の申請:申請書、顔写真(タテ2.5cm×ヨコ2cm)を〒150-8010(住所不要)渋谷区役所本庁舎5階福祉部民生係へ郵送・持参
※申請書は出張所で配布(区HPでダウンロード可)

◇親子ふれあい入浴デー
日時:
・10月10日(日)16:00~19:00
・10月24日(日)16:00~19:00
対象:区内在住で中学生以下の人と保護者
持ち物・必要なもの:住所を確認できるもの(中学生は学生証)
申込み:当日会場で

問合せ:福祉部民生係
【電話】03-3463-1832
【FAX】03-5458-4936

◆若返るダイヤモンド体操

※このほか自主グループの開催あり。詳しくは、問い合わせてください。
内容:座る・立つ・エアロビクスなどを組み合わせた体操
対象:区内在住でおおむね60歳以上の人
※通院中の人は医師へ相談
費用等:1,850円、65歳以上1,200円(保険料)
持ち物・必要なもの:マスク
申込み:当日会場で

問合せ:高齢者福祉課サービス事業係
【電話】03-3463-1873
【FAX】03-3463-2873

◆9月21日は「世界アルツハイマーデー」です
2025年には65歳以上の5人に1人が認知症になるといわれており、誰でもなる可能性があるため、自分ごととして考えていく必要があります。区では認知症の人へのさまざまな相談・支援を行なっています。

◇不安や心配ごとはまず相談を
《地域包括支援センター》
認知症かもしれないと思ったとき、自分や家族だけで抱え込んでしまう傾向があります。しかし、認知症は適切なケアが必要であり、そのためには外部からのサポートや、正しい情報を得ることが重要です。地域包括支援センターは住み慣れた地域で暮らし続けられるように総合的な支援を行います。不安なことがあるときは、地域の担当センターへ連絡してください。

◇正しい知識を身に付けて認知症の人の応援者に
《認知症サポーター養成講座》
認知症サポーターとは、認知症の人を正しく理解した、認知症の人や家族の応援者です。1時間半程度の講義を受講することでサポーターとして認定されます。講座は地域のさまざまな場所で開催されていて、地域包括支援センターでも実施しています。開催予定については区HPをご覧ください。

◇万が一の場合に備えて
《見守りキーホルダー》
行方不明になって保護された場合に迅速に本人情報を提供するためのものです。警察などから照会があった場合は、緊急連絡先を提供するとともに緊急連絡先へ連絡します。詳しくは、地域包括支援センターへ問い合わせてください。
《おかえりサポートメール》
行方不明となる恐れのある人の情報を登録し、行方不明となった際に、その情報を協力者である、おかえりサポーターにメールで配信し、捜索の協力をお願いするものです。右のQRコード(本紙5面参照)から簡単にサポーター登録できます。

問合せ:高齢者福祉課高齢者相談支援係
【電話】03-3463-1989
【FAX】03-3463-2873