広報こまえ(東京都狛江市)

令和5年12月1日号(1379号)

11月12日の狛江市民まつりは朝から小雨がパラつく空模様でしたが、パレード出発時にはやんで無事に開催。パレードを彩る小学生たちの鼓笛隊演奏の素晴らしさに、沿道の観客からも笑みがこぼれていました。
振り返ると、今年の大きなイベントはお空のご機嫌にハラハラドキドキ。
8月9日の狛江・多摩川花火大会は午後まで雨が降り続き、準備作業は大変でしたが、打ち上げ中は市民の皆さんの大きな声援と拍手で雨も上がりました。
10月29日の総合防災訓練でも、当日朝まで雨空でしたが、訓練開始に伴い雲の合間から青空がのぞき、ヘリコプターによる輸送訓練、消火訓練や地震体験等を実施。市民の皆さんと地震への備えを学びました。
屋外イベントは天候によって、どうしても内容が左右されてしまいます。多くの関係者や来場者の顔を思い浮かべながら、無事に開催されるといつもホッと胸をなで下ろします。
狛江市長 松原俊雄