広報かさまつ(岐阜県笠松町)

(令和3年6月号)

現在町内を走る2台の公共施設巡回町民バスは平成26年10月に車両を購入し、約6年半が経ちました。その走行距離は40万キロを超えており、老朽化に伴う車両の更新を行うことといたしました。
更新したバスの車内にはプラズマクラスターが設置され、空気浄化による感染症対策にも期待できます。
また、車外の歩道側後部には「PR枠」を新設。その第1弾として、笠松町が応援するプロバスケットボールチーム「岐阜スゥープス」のマスコットキャラクターをデザインしました。そしてこのPR枠は今後、町の関連団体のPRやイベント告知などに使用する予定です。町内でバスを見かけたらぜひチェックしてみてください。