広報みしま(静岡県三島市)

2022年8月1日号

※新型コロナウイルス感染症拡大防止を図るため、掲載した事業を中止・延期または内容変更する場合があります。
(最新情報は市ホームぺージでご確認ください。)

■〈情報〉口座振替が便利です「国民年金保険料の納付」
国民年金保険料の納付を口座振替にすることで、納期ごとに金融機関などの窓口まで支払いに行く手間が省けるほか、前納による割引制度もあります。(口座振替の前納付は、現金納付の前納付よりも割引額が大きくなっています。)
10月分から令和5年3月分までの保険料について半年前納としたい場合の申込みは、8月22日(月)までです。

◇口座振替納付方法の種類



※割引額がさらに大きくなる2年前納、1年前納制度もあります。
注意事項:4月分からの半年・1年・2年前納は2月中旬までに申込みをしてください。

◇口座振替の申込方法
場所:保険年金課国民年金係または日本年金機構三島年金事務所
持ち物:
・預貯金通帳
・金融機関届出印
・基礎年金番号を明らかにできる書類(年金手帳、納付書など)

・口座振替申出書(日本年金機構ホームページで取得可)を保険年金課 
【住所】〒411-8666北田町4-47
・三島年金事務所に郵送も可
【住所】〒411-8660寿町9-44
※手続きには1~2カ月かかります。

◇引き落とし不能の場合
・翌月末・当月末振替…次回合わせて引き落とし
・再度の引き落としも不能…通知書と不能分の納付書を送付
・半年・1年・2年分の前納払いの引き落としが不能…割り引きのない翌月末振替に変更

◇クレジットカードでの納付を希望の場合
保険年金課または三島年金事務所に問い合わせ

問合せ:
・保険年金課
【電話】055-983-2606
・日本年金機構三島年金事務所
【電話】055-973-1166

■〈情報〉設置費用を補助します「雨水浸透貯留施設」
地下水かん養・保全のため、以下の施設を住宅に設置する場合、その費用を補助します。
・雨水浸透マス…屋根に降った雨水を大地に効率よく浸透させるもので、地下水のかん養と浸水被害の防止に役立ちます。
・浄化槽転用型雨水貯留施設…公共下水道の接続により不用になった浄化槽を改造し、雨水を貯留します。
・簡易貯留型雨水貯留施設…簡易なタンクなどを設置して雨水を貯留する施設です。庭木への散水など雑用水として利用できます。



注意事項:必ず工事の着工前に申請してください。

問合せ:水と緑の課
【電話】055-983-2643

■〈情報〉ご協力ください「フードドライブ」
昨年度に引き続き、家庭で眠っている食品を集めてフードバンクに寄付する「フードドライブ」を実施します。寄付された食品は、生活に困窮して食事に不自由している人に、行政や各種団体を通じて提供されます。
日時:8月1日(月)~31日(水)
場所:
・市役所本館玄関ロビー…午前8時30分~午後5時15分(平日のみ)
・社会福祉会館1階ロビー…午前8時30分~午後9時(祝日を除く)

◇寄付をお願いしたい食品
常温保存が可能で、賞味期限が2カ月以上の未開封の食品。
・缶詰・瓶詰めなどの保存食品
・レトルト・インスタント食品
・調味料
・食用油
・飲料
・ふりかけ
・お茶漬け
・お米(古米まで)
・のり
・ギフトパック(お中元)など)
注意事項:生鮮食品・アルコール類はお受けできません。

問合せ:
・NPO法人フードバンクふじのくに
【電話】054-270-7301
・福祉総務課
【電話】055-983-2613

■〈情報〉避難情報が発令されたら「要配慮者のホテル・旅館などへの避難に補助金を交付します」
大雨などにより避難情報が発令された際に、特に配慮が必要な避難者が、避難することを目的として市内宿泊施設を利用した場合に補助金を交付します。
対象者:避難情報が発令された区域に居住しており、次のいずれかに該当する人で、市内宿泊施設に避難して、宿泊料を支払った人。
(1)要介護度3~5の要介護認定者
(2)75歳以上の人
(3)身体障害者手帳(1級・2級)を所持する人
(4)療育手帳Aを所持する人
(5)精神障害者保健福祉手帳(1級・2級)を所持する人
(6)静岡県特定医療費(指定難病)受給者証、静岡県特定疾患医療受給者証、静岡県先天性血液凝固因子障害等医療受給者証のいずれかを所持する人
(7)妊産婦
(8)1歳未満の人
(9)要配慮避難者の付添い者(要配慮避難者1人に対し1人)
補助額:宿泊費の1/2補助(上限3,500円/泊)
1回の利用につき、2泊3日(上限7,000円)まで
※100円未満切捨

問合せ:危機管理課
【電話】055-983-2751

■〈募集〉働き盛り世代向け「メンタルヘルスセミナー」
怖いのは、メンタルヘルス不調になることよりも、不調に気づかず放置しておくことです。
周りの人の不調に早めに気付き、共感的に声をかける風土が会社内で定着することが、働きやすい職場環境につながります。
日時:9月8日(木)
・第1部…午後1時30分~3時
・第2部…午後3時~3時30分
場所:市民文化会館 会議室
内容:
・第1部(講演)…不調のサインに気付き、対応する方法とは
・第2部(申込制個別相談会)…実は社員にはこんなお悩みがあるなど
対象:市内事業所に勤めている人

申込み・問合せ:8月31日(水)までに電子申請または
・健康づくり課
【電話】055-973-3700
・三島商工会議所
【電話】055-975-4441

■〈募集〉オンライン市民講座「子どもの脳をつくる最高の睡眠」
テレビやゲーム、ネット、仕事、勉強と現代人はさまざまな理由から夜更かししがちです。大人のライフスタイルの影響を受け、子どもたちの就寝時刻も年々遅くなっています。子どもの睡眠不足によるイライラや不安・落ち着きのなさ・学力低下を解消する『最高の睡眠』方法について学べます。
参加方法:申込者に限定動画配信
配信期間:9月2日(金)~30日(金)まで
講師:神川康子さん(富山大学名誉教授/日本睡眠改善協議会理事)
申込み:8月17日(水)までに電子申請

問合せ:健康づくり課
【電話】055-973-3700