広報かんなみ(静岡県函南町)

令和3年5月号

■町の食品ロス
・1人1日あたり…64.8g
・食べ残しの割合…23%

■食品ロスを減らすことがごみの削減につながります
年間約612万トン(農林水産省および環境省平成29年度推計)と言われる日本の食品ロス(食べられるのに廃棄される食品)。その約半数は、各家庭から排出されています。
3月に調査を行ったところ、町内の家庭から、1人1日あたり64・8グラム(推定)、1か月あたり約2キロの食品ロスが排出されていることがわかりました。
次のポイントを意識し、各家庭で食品ロスの削減に取り組みましょう。

■食品ロス削減のための3つのポイント
(1)買いすぎない
買い物前に冷蔵庫をチェックしましょう。買いすぎを防ぐことで家計も冷蔵庫もスリム化できます。
(2)使い切る
いろいろな使い切りレシピに挑戦してみましょう。
消費者庁で「食材を無駄にしないレシピ」を公開しています。
(3)食べ切る
家庭でも「残さず食べる」を心がけましょう。
外食時も皆で声を掛け合い食べきりを心掛けましょう。
問合せ先
環境衛生課
電話
055-979-8112