広報おうみはちまん(滋賀県近江八幡市)

2020年12月号

◆サブスクリプションってなに?~こんなトラブルも~

◇事例
スマートフォンの動画配信サービスの「1か月無料」というキャンペーンに登録した。無料期間終了後は利用しておらず、登録したことを忘れていた。半年が過ぎたころ、クレジットカードで月額料金を支払い続けていたことに気が付き、あわてて解約した。

定額制でサービスなどを利用することを「サブスクリプション」といいます。月額「△△円で○○ができる」という形式で提供されるものが多く、「○○し放題」と表示されるものもあります。音楽や動画配信など主にインターネットで提供されるもののほか、車や服、ブランド品のレンタルなどさまざまな業界に広がっています。
一方でトラブルもみられるため、申し込む前には注意が必要です。例えば、入会時にクレジットカード番号などの支払い情報を登録するものは、無料期間終了後、自動的に有料会員に移行する場合が多く、その後引き落としが続きトラブルになるケースがみられます。
そのほか、ログインに必要なパスワードなどの情報を忘れてしまったり、登録していたメールアドレスを変更して使えなくなったりと、本人確認ができず解約ができないなどのトラブルも起きています。

◇トラブルを防ぐには
・提供条件や無料期間などの契約内容は必ず事前に確認しましょう。
・パスワードの管理と登録情報の更新を徹底しましょう。
・事業者への連絡手段や解約方法などを前もって確認しておきましょう。
・利用中のサービス名と料金を一覧表にし、利用頻度を定期的に確認しましょう。

問合せ:
・近江八幡市消費生活センター(人権・市民生活課内)
【電話】0748-36-5566
【FAX】0748-36-5553
・消費者ホットライン
【電話】188(いやや)