キラリ☆亀岡(京都府亀岡市)

令和3年6月号(第698号)

亀岡市は、新たな子育て支援の拠点施設となる「ガレリアあそびの森」をガレリアかめおか内にオープンしました。
この施設は、「雨の日も遊べる場所がほしい」「遊具の種類を増やして」などの、市民からの意見に応え整備されました。子育て世代の居場所として、子どもの年齢に応じた遊びの場や保護者のコミュニケーションの場となる「あおぞらひろば」「芝生ひろば」「かめまるランド」の3エリアからなります。
屋上庭園に設けられた「あおぞらひろば」は、周りを木々に囲まれ、砂場やクライミング遊具、親子が向かい合って遊べるブランコなどがあります。滑り台で遊んでいた親子連れは「小さな子も安全に遊べるのでうれしいです。混まない時間に来ています」と話されていました。
国道側に面する「芝生ひろば」には、大型のザイルクライミングが登場。以前からある遊具とともに、体をダイナミックに動かして遊ぶことができます。
また、屋内あそびば「かめまるランド」は小城製薬株式会社からの企業版ふるさと納税制度による寄付金を活用して整備したものです。子どもの成長に合わせた知育玩具や絵本などを配置しているほか、職員による子育て相談にも対応しています。当面は、入場制限や時間入れ替え制を導入して運営していきます。
施設(芝生ひろば以外)の利用時間は、毎週木曜日を除く午前9時30分から午後4時まで。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、利用を停止している場合があります。「かめまるランド」は事前予約が必要です。利用の際は密集状態を避けてご利用ください。