住之江区広報紙「さざんか」(大阪府大阪市住之江区)

令和3年5月号

地活協通信(ちかつきょうつうしん)
14地域のコラボレーション~地域活動協議会×企業・NPO・学校~ 
さざんか清江協議会×人形劇団クラルテ=冬の肝だめし

◆清江地域
清江地域では、校庭が全面芝生化されている清江小学校を拠点として、地域の方々や子どもたち、保護者の方が一緒になって季節毎に楽しめるイベントを実施しています。
今回は、小学校を舞台に様々な仕掛けで子どもたちを怖がらせる、大人気イベントの「冬の肝だめし」をご紹介します。

Q 協働のきっかけは?
A さざんか清江協議会
我々のまちでは、イベントの企画の段階でスタッフや私自身が面白そう、楽しそうと思ったものを積極的に実行し、地域の皆さんに参加していただいています。清江小学校での肝だめしのアイデアが出た時に、「やるからには本気で取り組もう」と地域でも意見が固まり、平成26年から始まりました。
プロの人形劇団であるクラルテの方々には、演出や驚かせ方などで力を貸していただきたいと思い、飛びこみでお声がけしたところ、「ぜひ!」と協力していただけることになりました。

A 人形劇団クラルテ
我々の劇団は、様々な場所を巡りながら公演をしたり、イベントに出たりしています。活動を通して、地域の方々に人形劇をもっと身近に感じてほしい、住之江区に人形劇団があることを知ってほしいという思いが強まりました。
また、清江地域で小学校の体育館を稽古などで使わせていただくこともあり、普段からとてもお世話になっていました。そのため、何か我々にできることがあれば、ぜひお役に立ちたいと思っていました。地域あってのクラルテだと常々思っていたので、肝だめしのお話をいただき、ぜひにと参加を決めました。

Q 協働して良かったこと・助かっていることは?
A さざんか清江協議会
クラルテの方々は素人では到底思いつかないような演出や照明など、プロならではの工夫と発想で、怖さと驚きに満ちた肝だめしを作ってくださっています。演出のポイントや音の出し方などの分からないことや知りたいことを聞くと、惜しみなくアドバイスをいただけるので、スタッフにとって勉強になっています。
また、中学生になった子どもたちは、スタッフとして肝だめしに参加しています。こういったイベントで子どもたちに地域活動に参加することの楽しさを知ってもらえたら嬉しいですね。
こうした中学生を含め、子どもたちがとても楽しみにしている取組みの1つでもあるので、今後もクラルテの方々と協力し合いながら、より良いものにどんどん進化させたいです。

A 人形劇団クラルテ
清江地域の方々は本気で、楽しみながら準備や運営に取り組んでいらっしゃるので、我々も一緒に頑張って盛り上げようという気持ちになりました。同時に若手劇団員にとって地域とつながる良い機会を与えていただいています。また、明るいところで見ることが多い人形たちも、暗いところで見ると意外と怖かったり不気味だったりしたのが、普段の劇にもつながる新たな気づきでした。さらに、肝だめし終了後、参加者とふれあう時間をいただいているので、子どもたちの人形に対する興味が湧くきっかけにもなっています。
これからも、様々な地域と関わりを持ちながら、私たちのことを知っていただいて人形劇に親しみを感じてもらい、住之江区に人形劇団があるということに愛着を持っていただけたら嬉しいですね。

◆人形劇団クラルテ
設立:1948年
住之江区に劇団を構えて60年以上になる人形劇団クラルテは、子どもから大人まで楽しめる人形劇をつくり、日本全国で公演しています。小学校への巡回公演やワークショップも行いながら人形劇を広めています。また、毎年7月には住之江区で『人形劇フェスタ』を開催し、地域でも活発に活動しています。

問合せ先
区協働まちづくり課 窓口43番
電話
06-6682-9734