広報さかい(大阪府堺市)

令和3年5月号

百舌鳥古墳群や環濠エリア、ベイエリア、泉北エリアなどの市内の観光・文化施設を巡るには自転車が便利です。また3密を避け、健康維持のために運動する手段としても有効です。
新緑の木々が美しく、とても気持ちよく走れる5月に自転車で堺を巡ってみませんか。

■なんで堺は自転車のまちなの?
それは、私たちが暮らす古墳時代にさかのぼるのです…
堺の金属加工の歴史は1600年前、古墳造りにその始まりがあります。

巨大古墳の築造には、膨大な労働力とクワなどの道具が必要でした。

クワの製造には鉄の加工技術が必要だったため、多くの職人が集まった結果、堺に鉄文化が根付いたといわれています。

その金属加工技術は、戦国・江戸時代に鉄砲・刃物鍛冶の技術として生かされ、堺のものづくりを支えました。

明治時代、堺に外国製の自転車を時間貸するお店が開業。多くの若者が利用しました。

しかし、当時自転車にうまく乗れる人はまだ少なく、転倒して壊れてしまうことがよくありました。

その際、金属加工の技術を持つ鉄砲鍛冶職人たちが自転車部品を制作。これが好評で後の自転車産業の発展につながったと言われています。

○もっと詳しく知りたい方は自転車博物館へ
日本で唯一の自転車博物館。最古の自転車の複製やオリンピック出場車など、約300台の展示を通じて自転車発展の歴史を学ぶことができます。また、展示しているクラシック自転車を体験試乗できる施設もあります。
場所:堺区大仙中町18-2
開館:10~16時30分
休館:月曜日
費用:
・一般200円
・65歳以上・中~大学生100円
・小学生50円
・未就学児無料

問合せ:同博物館
【電話】072-243-3196
【FAX】072-244-4119

■お天気のいい日に出かけよう 散歩おすすめエリア・コース
「散走」とは、歴史や文化にふれたり食を楽しんだりしながら、散歩するように自転車で巡る自転車の新しい楽しみ方です。堺には、自転車で巡る魅力的なスポットがたくさんあります。心地よい風を感じながら、ゆっくり堺のまちを巡りませんか。

◎散走に便利な自転車地図を公開中
※詳細は広報紙の2次元コードをご覧ください。

・町家(環濠エリア)
・旧堺燈台(ベイエリア)
・仁徳天皇陵古墳
・(仮称)大和川サイクルライン
※詳細は広報紙をご覧ください。

○散走におすすめ♪便利なシェアサイクル
利用にはまず専用スマホアプリ「HELLO CYCLING」をダウンロード。支払方法を登録したうえ、アプリ上で利用予約を行います。利用方法やアプリのダウンロード方法など詳しくは、市ホームページ(2次元コード)参照
※2次元コードは広報紙をご覧ください。
散走に便利なアプリはほかにもいろいろ♪ぜひ、調べてみてください♪

■国内トップレベルの自転車レース ツアーオブジャパン堺ステージ(※今年は中止)
国際自転車競技連合公認レース。堺ステージは、国内を転戦するステージの一つです。競技をより身近に、また迫力を感じていただけるよう、仁徳天皇陵古墳に隣接する大仙公園周回道路で開催しています。

問合せ:ものづくり支援課
【電話】072-228-7534
【FAX】072-228-8816

▼自転車での移動・通勤は3密回避に有効です
自転車での移動・通勤は3密回避に有効であり、感染予防につながります。シェアサイクルは通勤や買い物など、日々の暮らしの中でも使うことができます。ぜひ、ご活用ください。

問合せ:自転車企画推進課
【電話】072-228-7636
【FAX】072-228-0220

◆自粛期間中は、不要不急の外出を控えてください
◎新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、イベントは中止・延期となる場合があります。詳しくは市HPへ