広報朝来(兵庫県朝来市)

令和3年5月号

【納付方法】
個人市県民税(普通徴収)、固定資産税、軽自動車税種別割、国民健康保険税(普通徴収)については、次のいずれかの方法で納付してください。
●市役所での窓口納付
市役所本庁舎会計課または各支所で納付できます。

●指定金融機関での窓口納付
◇但馬銀行
◇三井住友銀行
◇みなと銀行
◇但馬信用金庫
◇但陽信用金庫
◇近畿労働金庫
◇兵庫県信用組合
◇たじま農業協同組合
◇ゆうちょ銀行・郵便局  
で納付できます。

●コンビニエンスストアでの納付
納付書の裏面に記載されたコンビニエンスストアでも納付できます。
ただし、次の場合は納付できません。
◇コンビニ利用期限を過ぎている
◇バーコードの印刷がない
◇破損や汚損でバーコードが読み取れない
◇金額が訂正されている
◇納付書1枚の金額が30万円を超えている
※収納代行業者:地銀ネットワークサービス(株)

●口座振替による納付
市指定金融機関の口座から振替納付が可能です。
安全で便利な口座振替をおすすめします。
◇申し込み方法
市役所本庁舎税務課、各支所または市指定金融機関窓口で「預金口座振替依頼書」に必要事項を記入・押印(金融機関届出印)のうえ、提出してください。
◇振替口座の変更や廃止などの方法
税務課へ問い合わせください。
◇口座振替の開始時期
口座振替依頼書を提出いただいても、すぐには口座替を始めることができません。事前に文書で口座振替の開始時期をお知らせします。
◇口座振替納税済通知書の交付
軽自動車税種別割については、令和2年度から車検対象車両のみに送付しています。
個人市県民税、固定資産税、軽自動車税種別割(車検対象車両以外の所有分)、国民健康保険税、を振替納付している方で、納税済通知書(手数料は無料)が必要な場合は、税務課で事前に交付申請してください。

【納付が困難な場合の相談】
税金には納期限があります。諸事情により納期限までに納付できない場合は、早めに税務課へご相談ください。
●督促手数料と延滞金加算
納期限までに納付がない場合は督促状が送付され、1通につき80円の督促手数料が付加されます。また、納期限の翌日から延滞金が加算されます。(税額や納付日によっては加算されない場合もあります。)

●滞納が続いた場合の対応
督促状を送付しても納付や相談がない場合には、文書などによる催告を行います。
催告後も連絡や相談がない場合は、預金、給与、年金などの財産を調査し差押えを執行することになります。
納付が困難な場合は、早めにご相談ください。


問合せ先
税務課
電話
079-672-6119