広報みやけ(奈良県三宅町)

令和3年6月号

大麻事犯検挙人員は増加傾向にあり、特に若年層を中心とした大麻の乱用が拡大し、著名人も逮捕されるなど、大きな社会問題となっています。
大麻は、国際条約に基づいて日本の法律で規制され、人体へ悪影響を及ぼすほか、組織的な大麻栽培が暴力団組織の資金源となることがうかがわれます。
大麻を乱用することによる社会や人体への悪影響と危険性を正しく認識しましょう。

▼情報提供のお願い
大麻の違法栽培では、空き家や工場を利用するケースもあり、不審な点がある家屋の情報提供をお願いします。

▼大麻の違法栽培がされている不審な点
・雨戸や遮光カーテンで窓がふさがれているが、一日中照明が点いている!
・エアコン室外機や換気扇が常に動いている!
・土や肥料を運び入れたり、茎や根などのゴミが出ているが、外で植物を育てている様子がない!
・近くを通ると青臭いにおいがする!

▼規制されている主な薬物
覚醒剤・大麻・コカイン・向精神薬
MDMA(合成麻薬)・指定薬物

●「不法滞在・不法就労防止」にご協力ください!
観光目的で来日し、帰国せずそのまま不法滞在する者や就労目的等で日本に不法入国する者が全国的に散見されます。こうした不法滞在者はもちろん、不法滞在者を雇用した者も不法就労を助長する行為として取り締まりを強化しています。
偽造在留カードを使用して、就労が可能であるように装う事案が増えています。外国人のビザや在留カードの真偽等を判断するのは大変困難です。
少しでも不審点が見受けられた場合には、警察署又は最寄りの交番・駐在所までご連絡ください。

問合せ:
・天理警察署
【電話】0743-62-0110
・天理警察署田原本警察庁舎
【電話】0744-33-0110