広報ひだか(高知県日高村)

2021年6月号 No.630

●企画課より
協力隊と一緒に活動することで、日高村を盛り上げたいという意欲のある事業者を募集しています。興味のある場合は、日高村役場企画課まで連絡ください。
【電話】0889-24-5126

●地域おこし協力隊とは?
都市地域から移住して、「地域協力活動」を行いながら、その地域への定住・定着を図る取り組みです。

●日高村の取り組み状況は?
活動中の協力隊員:13名
OB、OG者:5名(内定住者2名)
※R3.4.1現在

【協力隊紹介】
※昨年度からの採用者

▽荒牧国晴(あらまきくにはる)
最長任期:R2.8.5~R5.8.4
日高村の皆さん、はじめまして!
神奈川県出身の荒牧国晴と申します。ハリーと呼ばれています。
日高村に来て、近所の人から文旦や大量の野菜をもらった際に、人の温かさをとても感じ感動しました。現在の活動としては、能津と日下の小学校で放課後こども教室の手伝いをしています。このたび、5月8日より、東大法学部卒のEnglishスクール(オンライン)をスタートしました。内容は、英語の歌、発音、スピーチなどです。
関心のある人は、気軽に下記より問い合わせてください。
【HP】https://harry-aramaki.com/
また、外での活動も充実させたいと考えており、今後、英語のみでのキャンプや音楽フェスを能津地区で実施できたらと思っております。
よろしくお願いします。

▽鵜飼唯香(うかいゆいか)
最長任期:R2.12.1~R5.11.30
鵜飼唯香と申します。千葉県出身で、12月に着任いたしました。現在21歳で、東京大学法学部を3年の秋から休学しています。元々は官僚志望でしたが、コロナ禍で大学の授業が全てオンラインになったのもあり、休学をして地方での暮らしを経験したいと思い、やってきました。イベント運営や企画がメインの活動で、活動実績に「ドライブインシアターin日高村」や「小村神社前マルシェ」があります。
村のいろいろなところで手伝いをしているので、ぜひ、声をかけてください!
今後は、日高村を盛り上げるイベントの企画運営を支えると共に、任期が終了する11月には集大成として運動公園の野外劇場でイベントを行いたいと考えています!よろしくお願いいたします!

▽高羽開(たかばかい)
最長任期:R2.12.1~R5.11.30
日高村の皆さん、はじめまして!高羽開と申します。岡山県倉敷市生まれの28歳。貿易会社とローカルベンチャーを経て、2020年12月に日高村に移住をしてきました。趣味はサウナ。国際環境NGO『350 org.』でも活動しています。生命力と声の低さに定評があります!金髪が目印です。
村内でのクラフトビールの醸造所とブランドの立ち上げを目標に、現在、仁淀川町の『Mukai Craft Brewing』で醸造の研修を行っています。ビールの販売開始は2023年夏の予定です。日高村の皆さんに長く愛されるビールをつくることができるよう、がんばります!
(※高羽開の「高」の正式表記ははしごだかです)

【活動紹介】
▽協力隊員
・岡嘉彦(協力隊3年目:2019年4.1~2022年3.31)
・東京都出身

▽活動紹介
「食で皆さんを元気にする、笑顔にする」が自分自身が考える地域おこし。これは目に見えて形に残るものではないけど、とても大切なことと語る岡さん。海外で飲食店の経営経験を持つ岡さんは、当時から高知県の食材の良さは知っていて、子育てを機に日高村で飲食店を開きたいという思いから協力隊に。ただ、オープンまではいろいろな不安がありました。今は、地域の人から民家を貸りて、2020年5月から古民家カフェ「村の小さな台所おきな」を沖名地区でオープンしています。
現在は、木、金、土曜日にランチとディナーで営業し、なかなか予約の取れない店としてメディア等でも取り上げられています。今後の目標は、地元の方々に愛される店にしていきたい。自分の料理を食べて元気に過ごしてもらえるような店にしていきたいと思っているとのこと。