北九州市政だより(福岡県北九州市)

令和2年11月15日号

お酒は、私たちの生活に豊かさと潤いを与える一方、不適切な飲酒は心と身体に深刻な影響を与え、本人だけでなく、飲酒運転や暴力など重大な社会問題を生じさせる危険もあります。
 健康的な生活を送るため、アルコールについて正しい知識を身につけ、上手に付き合いましょう。

■アルコールによる影響
こころの問題
不眠症 うつ病
妄想 認知症
幻覚 意識障がい
身体の問題
脳の萎縮 心筋症
脂肪肝 糖尿病
肝炎 高血圧
肝硬変 がん
社会的な問題
飲酒運転 仕事能率の低下
欠勤 家族関係の悪化
暴力 育児放棄・虐待
経済的破綻

■適正飲酒の10カ条
(1)談笑し 楽しく飲むのが基本です
(2)食べながら適量範囲でゆっくりと
(3)強い酒 薄めて飲むのがオススメです
(4)つくろうよ 週に2日は休肝日
(5)やめようよ きりなく長い飲み続け
(6)許さない 他人への無理強い・イッキ飲み
(7)アルコール 薬と一緒は危険です
(8)飲まないで 妊娠中と授乳期は
(9)飲酒後の運動・入浴要注意
(10)肝臓など定期検査を忘れずに
※(公社)アルコール健康医学協会ホームページより引用

■あなたに次のようなことはありませんか?
 チェックしてみましょう!
※福岡県「あなたのお酒の飲み方・・・大丈夫!?」リーフレットより引用

■飲酒運転は絶対にしない、させない、許さない、そして見逃さない!
 お酒を飲んだらアルコールが身体から消失するまで車の運転はできません。純アルコール20gが身体で分解されて消失するまでに約4時間かかります。例えば、500mlの缶ビール2本を飲んだ場合は純アルコール40gとなり、消失に約8時間が必要です(個人差あり)。

■アルコール相談窓口
問い合わせは各区役所高齢者・障害者相談係 月~金曜日(祝・休日、年末年始は除く)8時30分~17時
▽門司区
【電話】093-331-1893
▽小倉北区
【電話】093-582-3430
▽小倉南区
【電話】093-951-4126
▽若松区
【電話】093-751-4800
▽八幡東区
【電話】093-671-4800
▽八幡西区
【電話】093-642-1445
▽戸畑区
【電話】093-881-4800

市の担当課:保健福祉局健康推進課
【電話】093-582-2018