広報あか(福岡県赤村)

2021年5月号 VOL.781

■3月21日
「ことこと列車」2周年記念イベント
愛される観光列車を目指して

平成筑豊鉄道「ことこと列車」の運行開始2周年を記念して、油須原駅で沿線関係者が出迎えをしました。当日はあいにくの雨でしたが、ホームでは田川創作炭坑節宗家月咲SEEDによる力強い炭坑節が披露され、乗客の皆さんは窓から顔を覗かせたりホームに降りたりと、突然の演奏に驚いていました。また、「ことこと列車」をデザインしたデザイナーの水戸岡鋭治(みとおかえいじ)さんも同乗しており、油須原駅でのおもてなしに笑顔で応えていました。

■4月6日~15日
春の交通安全県民運動
地域の人たちに見守られながら

春の交通安全県民運動が行われ、田川交通安全協会赤支部(福原治(ふくはらおさむ)支部長)をはじめ、赤小中学校、田川警察署赤駐在所、役場などの各関係機関の職員が小中学校前の交差点および赤小学校分校前で交通安全を呼びかけました。
交通安全県民運動は、交通ルールの遵守と正しいマナーの実践を習慣づけてもらうため、年4回実施しています。

■4月14日
ベビーマッサージ
マッサージで親子のふれあい

親子のスキンシップ講座「ベビーマッサージ」を住民センターで開催し、1組の親子が参加しました。
講師の諸富由記(もとどみゆき)さんから、歌に合わせて楽しくマッサージする方法を教えてもらいながら、お母さんがお腹や足を優しくマッサージすると、赤ちゃんは気持ちよさそうに手足を動かして笑っていました。
参加者からは「子どもが楽しそうに過ごしてくれたので嬉しかったです」という言葉が聞かれ、親子のコミュニケーションの場になりました。
次回の親子のスキンシップ講座は6月に開催する予定です。

■3月9日
赤村から国土を守ります
松原陸斗さん表敬訪問

令和3年度陸上自衛隊入隊の松原陸斗(まつばらりくと)さん(小内田伏原)が自衛隊飯塚地域事務所の春口昌郁(はらぐちまさくに)事務所長と役場を訪れ、道村長に入隊を報告しました。松原さんは「災害派遣など色々な活動を通じて国のために頑張っていきます」と意気込みを語ってくれました。道村長は「自衛隊の仕事は国土を守る重要なものです。厳しい訓練を乗り越え、立派な自衛隊員になってください」と激励しました。

■4月7日
岩石山の魅力を余すことなくPR
テレビ西日本情報番組「ももち浜ストア」赤村でロケ

テレビ西日本情報番組「ももち浜ストア」のコーナー番組「キニナル!」が4月7日に放送され、赤村の岩石山(上赤)が紹介されました。登山客も年々増加し、最近では願掛けスポットとして有名になりつつある岩石山の「落ちない岩」を取材。リポーターのケン坊田中さんは、「落ちない岩」の名前の由来や岩石山の昔話などを道村長から聞いて驚きの様子でした。道村長は「岩石山には色々な見どころがあります。赤村を訪れた際はぜひ、岩石山へ登ってみてください」と岩石山をPRしました。