広報有田(佐賀県有田町)

2021年5月号

■初めまして。地域おこし協力隊の壱岐成太郎です!
4月1日より、有田町の地域おこし協力隊に壱岐成太郎さんが就任されました。壱岐さんはまちづくり課で、内山地区を拠点にまちに暮らす人々の日常を写真に撮り、情報の発信やギャラリーの運営などに取り組まれます。

▽地域おこし協力隊として有田町に応募した理由は?
これまで撮影してきたものは、自分の生活を取り囲む友人、家族、風景など、より個人的なものが主でした。しかしこの仕事は自分の写真が人と人を繋ぐきっかけになることや、有田の方たちから感じる日常のワクワク感を伝えることが出来ることに魅力を感じたので応募しました。また、3年間という期限が決まっている中で1つのまちに根付いて集中的に撮影を重ねていけることにも惹かれました。

▽どんな活動をしたい?
まずは、一人ひとりとの出会いやふれあいを大切にしたいです。その中で「見る」ということにしっかり焦点を合わせて一枚一枚撮っていければと思っています。まずは自分の目の前で起こる出来事を認識出来るように、歴史や文化の背景なども学びつつ、SNS発信、展示など出来る範囲のことからコツコツ重ねていければと思います。その流れでこの魅力あるまちから切り取ったもので作品が作れると最高かなと思います。

▽町民の皆さんへひとこと
新しい土地で分からないことばかりで、皆さんにお会いした際は質問攻めにしてしまうかと思いますが、どうか受け止めてくれると嬉しいです!よくウロウロしているかもしれませんが、怪しくないです!お会いするのを楽しみにしています!

▽壱岐成太郎(いきせいたろう)さん
年齢:29歳
出身地:宮崎県
趣味:自転車、山菜取り
特技:松葉杖をつかせたら結構速いです。
好きな食べ物:寿司。特にアジが好き。

■初めまして。ツーリズムアテンダントの兼頭理織です!
4月1日より、有田町のツーリズムアテンダントに兼頭理織さんが就任されました。兼頭さんは商工観光課で、観光業、商工業、町のPRなどに取り組まれます。

▽有田町の印象は?
町のあちこちに焼き物があり、生活の中に焼き物がたくさんあることを知って素敵な町だなと思いました。

▽ツーリズムアテンダントになったきっかけは?
ANA総合研究所から派遣されて参りました。総務省の「地域活性化起業人」プログラムを利用しています。今年の3月まではANAで6年間客室乗務員としてフライトをしていました。仕事を通じて国内外のさまざまな地域を訪れ、日本には自分の知らない良いところがたくさんあることを知り、地域に根差して魅力の発掘・発信に携わりたいと思うようになりました。
佐賀県にはCA時代にPR業務で何度か訪れており、今回このような形で有田町とご縁をいただけたことを嬉しく思っています。

▽どんな活動をしたい?
CAとして培ってきた経験やANAのもつネットワークなどを活用して地域の課題解決のお手伝いができればと思っています。住むことによって「ここって有田のいいところじゃない」と気づくことや、皆さんと話すことで魅力を発見できると思うので、そこを発信し有田をPRしていきたいです。

▽町民の皆さんへひとこと
有田の皆さん、温かく迎えてくださりありがとうございます。「こういうのできない?」や「これ一緒にやりたい」など声をかけていただけると嬉しいです。よろしくお願いします。

▽兼頭理織(かねとうりお)さん
年齢:28歳
出身地:神奈川県
趣味:お酒、ラジオ、ライブ・フェスに行く
特技:サックス
好きな食べ物:そうめん
好きな都市:バンコク