広報おおむら(長崎県大村市)

2022年12月号(No.1520)

◆12月は「地球温暖化防止月間」です
冬は、暖房などで多くのエネルギーを使用します。一人一人が省エネに努め、家庭でできることに少しずつ取り組みましょう。

▽冬の地球温暖化防止の取り組み
・床に断熱シートを敷いたり、すき間テープなどを活用し、すき間風を防ぐ。
・湯たんぽやひざかけなどの防寒具を併用し、こたつや電気カーペットなどの効率のよい部分暖房などを活用する。
・暖房温度を20℃以下にするなど「ウォームビズ」に努める。

▽電気製品の省エネに努めましょう
・冷蔵庫いっぱいに品物を詰めると、冷却効率が悪くなります。食品ロス削減のためにも、買いだめは控えましょう。
・照明をLEDに替えるなど、省エネ基準に適合した家電の購入を検討しましょう。

▽エコドライブによる燃料削減の取り組みを
・急発進・急加速は多くの燃料を消費します。
・車間距離にゆとりをもち、無駄なアイドリングはやめましょう。

◆不法投棄は犯罪です
決められた処分方法に従わず、ごみや廃棄物などを道路や山林、河川、海岸などに捨てる不法投棄は、法律で禁止されています。市内でも事例が発生していますが、違法ですので絶対にやめましょう。

▽不法投棄者には懲役もしくは罰金が科せられます
不法投棄者には、5年以下の懲役もしくは1,000万円以下の罰金が科せられます。

▽土地の所有者・管理者の皆さんへ
不法投棄物の投棄者が不明の場合、土地の所有者や管理者の処理責任となりますので、日頃から次のことに努め、不法投棄を防止しましょう。
・土地に立ち入られないよう、柵やロープを設置する。
・不法投棄禁止などの看板を設置する。
・雑草が繁茂しないよう草刈りを定期的に実施する。
・定期的な見回りを実施する。

▽不法投棄を発見した場合は下記へ通報してください
・大村警察署
【電話】0957-54-0110
・県央保健所
【電話】0957-26-3305
・環境保全課(内線143)

◆トレイ・パックは店舗でも回収しています
家庭から出される資源物の回収率向上のため、市内のスーパー6店舗の協力により「白色以外のトレイ」「卵パック・豆腐パック」の回収ボックスを設置しています。

▽回収ボックス設置店舗
・イオン大村ショッピングセンター
・エレナ(大村中央店・竹松店)
・かとりストア
・マックスバリュ(大村諏訪店・空港通り店)
※店舗によって設置している回収ボックスの数や種類が異なります。また、トレイなどはきれいに洗い、乾かしてから回収ボックスに入れてください。

◆家電は適正に廃棄を
家電4品目は、家電販売店などに引き取りを依頼し、適正にリサイクルしましょう。
※違法な不用品回収業者による料金トラブルが全国的に発生していますので、ご注意ください。

◆廃パソコンはリサイクル
家庭で不要になったパソコンは、メーカーが回収しリサイクルします。各メーカーの受付窓口へご連絡ください。
※「PCリサイクルマーク」がついたパソコンは、料金はかかりません。
※自作のパソコンや回収メーカーが不明なパソコンは、パソコン3R推進協会が有償で回収しリサイクルします。

→パソコン3R推進協会
【電話】03-5282-7685
【URL】www.pc3r.jp

◆野焼きはやめましょう
廃棄物の野外焼却は、原則法律で禁止されており、地面での直接焼却だけでなく、ドラム缶・ブロック囲い・家庭用焼却炉での焼却も禁止されています。

▽例外的に禁止されていない場合
・災害の予防、応急対応、復旧のために必要なもの
・風俗習慣上、宗教上の行事のために必要なもの
・農·林·漁業を営むためにやむを得ないもの
・日常生活でのたき火程度の軽微なもの
※焼却禁止の例外となる廃棄物の焼却でも、必要最小限にとどめ、風向きや強さ、時間帯などに注意し、周囲に迷惑がかからないよう十分配慮してください。

▽家庭や事業所では、次の全てを満たした焼却炉のみ使用できます
・燃焼室でごみを摂氏800度以上で燃やすことができる
・外気と遮断された状態で、ごみを定量ずつ燃焼室に投入できる
・燃焼室の温度を測定するための装置(温度計)がある
・燃焼ガスの温度を保つために必要な助燃装置(バーナーなど)がある
・焼却に必要な量の空気の通風が行われる

◆市の事務事業における温室効果ガスの排出状況(令和3年度)
※公共事業を除く

令和3年度温室効果ガスの総排出量(二酸化炭素換算)
20,186トン(前年比21%減)



→環境保全課(内線143)