広報うと(熊本県宇土市)

令和3年5月号

老人クラブは,地域のおおむね60歳以上の人が自主的に集まり活動するクラブです。
コロナ禍により人間関係が希薄になっている現在,高齢者にとって「支えあえる居場所」づくり,「生きがい」づくりが必要となっています。
老人クラブであなたも楽しい居場所や生きがいを見つけてみませんか。

■老人クラブはどんな活動をしているの?
老人クラブは,社会奉仕(環境美化・子どもの登下校見守り・独り暮らしの高齢者の見守り等)や趣味・生きがい講座(俳句やスマホ教室),各種スポーツ大会や講演会の開催等,幅広く活動を行っています。『人と人が支えあい,自分の居場所を持ち,健康寿命を延ばしながら輝いて生きる!』ことを実践している団体です。

■老人クラブ会員の声
義姉に誘われて入会しました。月1回の定例会では仲間と体操をしたり,お茶を楽しんでいます。他にも,仲間とクラフトバンドで小物やかごを作ったり,月1回の古紙回収時の高齢者の安否確認などの地域活動も行っています。老人クラブは私にとって新しい居場所であり,生きがいです。

■れいんぼーマルシェを開催しています
「生きがいづくりと集いの場」をテーマに,市役所仮設庁舎横の市民広場で「青空市場・れいんぼーマルシェ」を開催しています。マルシェでは,各クラブの会員が持ち寄った新鮮な野菜や海産物,手作りの工芸品等が販売され,毎回多くの来場者でにぎわっています。世代間交流目的として,小学生がおもてなしをする「子ども茶屋」も人気です。
次回は5月29日(土)開催予定です。(雨天の場合は30日(日)開催)

■入会の申込や新規クラブを受け付けています
もっとにぎやかな地域ささえあいクラブとなるよう会員を募集しています。新規入会や新規クラブの結成について,お気軽にご相談ください。
対象:市内在住のおおむね60歳以上の人
※各クラブで会費が発生する場合があります。

問合せ:
・高齢者支援課
【電話】0964-22-1111
(内線413)
・宇土市老人クラブ連合会事務局
【電話】0964-23-5416