広報ひた(大分県日田市)

令和3年5月1日号

軽自動車税(種別割)は、毎月4月1日現在で軽自動車や原動機付自転車などの所有者通知書は5月7日(金)に発送する予定ですので、5月31日(月)の納期限までに納めてください。
※軽自動車税(種別割)の領収証書は車検を受けるときに必要ですので、車検証と一緒に大切に保管してください。

■税額について
▽原付や125cc超のバイク、小型特殊自動車
令和3年度の税額は平成28年度以降変更ありません。
※小型特殊自動車(農耕作業用)は、公道の通行有無に関わらず、所有者によるナンバーの取得が義務となっています。ナンバーの登録をお願いします。

▽軽自動車(四輪以上及び三輪の軽自動車)
新車新規登録された年月(車検証の「初度検査年月」)によって税額が決まります。(下表参照)


(※1)令和2年度(令和2年4月1日~令和3年3月31日)に新車新規登録をした一定の環境性能を有する軽四輪車等は、令和3年度の軽自動車税(種別割)がグリーン化特例によって軽減税率の対象となる可能性があります。
(※2)令和3年度に経年重課の対象となる車両は、新車新規登録年月が平成20年3月31日以前の車両です。

■軽自動車税(種別割)の減免
次の(1)から(3)のいずれかに該当する場合は、軽自動車税(種別割)の減免を受けられる場合があります。
※詳細は下記又は各振興局にお問い合わせください。

申請期限:5月31日(月)

(1)障がい者減免
障がい者本人が所有し、障がい者のために使用する軽自動車(障がい者が18歳未満の場合等は、家族所有の軽自動車も含む)
※減免の対象となる障がいの程度、軽自動車の使用頻度等には一定の基準があります。

申請に必要なもの:
・運転免許証
・車検証
・身体障害者手帳等
・軽自動車税(種別割)納税通知書
・マイナンバーカード等

(2)身体障がい者用構造減免
身体に障がいのある人が利用するために改造された軽自動車

申請に必要なもの:
・車検証
・構造が確認できる写真
・軽自動車税(種別割)納税通知書

(3)公益減免
公益法人などが所有する軽自動車で、公益のために直接使用する車
申請に必要なもの:
・法人の代表者印
・車検証
・軽自動車税(種別割)納税通知書
・運行計画書等
・定款

■減免申請書への個人番号・法人番号の記載について
番号法の施行に伴い、減免申請書に納税義務者の個人番号(法人の場合は法人番号)の記載と減免申請書提出の際に、番号法に基づく本人確認(個人番号確認+身元確認)が必要です。各申請に必要なものと併せてマイナンバーカードと身元確認ができるもの(運転免許証、旅券等)を持参してください。

※申請に必要なものに納税義務者の身元確認ができるものが含まれている場合は、追加で持参する必要はありません。

※法人の場合は、本人確認はありません。


問合せ先
税務課税制窓口係
電話
0973-22-8397
その他
(市役所1階)