広報都城(宮崎県都城市)

令和3年5月号

■発熱などの症状があるときは
発熱や咳、倦怠(けんたい)感など気になる症状があるときは、まずは、かかりつけ医など身近な医療機関に電話で相談ください。相談する医療機関が分からない場合は、県の「新型コロナウイルス感染症受診・相談センター」に連絡ください。

問合せ:
・新型コロナウイルス感染症受診・相談センター(24時間対応)
【電話】0985-78-5670

・聴覚に障がいのある人や音声での相談に不安がある人
【FAX】0985-44-2616

■新型コロナウイルス感染症に便乗した詐欺に注意ください
給付金や還付金の手続きを装った不審電話などがあった場合、警察または近くの消費生活センターに相談ください。
・警察相談専用電話
【電話】♯9110

・都城市消費生活センター
【電話】0986-23-7154

問合せ:都城警察署
【電話】0986-24-0110

■マスク着用のお願い
新型コロナウイルス感染防止のため、市役所や公共施設など人が集まる場所や、スーパーやコンビニなど不特定多数の人が利用する施設では、マスクの着用をお願いします。やむを得ずマスクを外すときには、人ごみを避け人との間隔を2メートル以上確保しましょう。
なお、2歳未満の子どものマスク着用については、窒息の恐れがあるため、使用しないでください。

問合せ:健康課
【電話】0986-23-2765

■差別や偏見をなくしましょう
市内での新型コロナウイルス感染者の確認に伴い、根拠のないうわさ話やデマがまん延したり、インターネット上で個人や家族などの情報がさらされたりするなど、個人や企業への誹謗(ひぼう)中傷が見受けられます。
感染者や濃厚接触者、医療従事者などに対する誤解や偏見に基づく差別は許されません。苦しいときこそ、思いやりのある心を持って対応しましょう。

問合せ:健康課
【電話】0986-23-2765

■マスクなどのごみの適正な出し方
使用済みのマスク、咳の飛沫(ひまつ)や鼻水が付着したティッシュなどのごみは、ビニール袋に入れて密封し、ごみステーションに出しましょう。
また、ごみ袋の結び目はしっかり結びましょう。

問合せ:環境業務課
【電話】0986-24-5560

■会食時は、少人数・短時間を守りましょう!
新型コロナウイルスの感染リスクを下げるため、会食の際は次のことを守りましょう。
・3つの密を避ける
・大人数や長時間、大声をやめる
・座席の間隔を空ける
・一人一人小皿に盛り付ける
・手指消毒を行う
・感染防止ガイドラインを遵守した店を選ぶ など

問合せ:健康課
【電話】0986-23-2765