広報金武(沖縄県金武町)

2021年6月号

「玄米は体にいい」と何となく知っているけど、どうして体にいいのかなぁ…と思っている方も多いのではないでしょうか?
玄米は、「天然の完全食」と呼ばれ、継続して食べる事で様々な健康増進効果や生活習慣予防効果がある事が分かっています。栄養豊富な玄米の効能を確認し、毎日の食生活に取り入れてみてはいかがでしょう‼

■玄米食は脳を変え、脂っこい食事を好まなくする!
お肉などに含まれる動物性脂肪は、強い依存を引き起こします。その依存の強さはなんと、麻薬以上とのこと。動物性脂肪を過剰にとり続けると、脳が食事の善し悪しを判断出来ない状態に。「もっと動物性脂肪を食べたい」となり、メタボになるリスクも高まります。
しかし玄米食を毎日食べ続けることで、脂肪の多いジャンクフードやファストフードに対する欲求が和らぐという事が分かっています。
(琉球大学医学部第二内科 益崎裕章教授の研究より)

※動物性脂肪が多い食品→脳の視床下部にストレスを与える
玄米のγ-オリザノールという成分が、脳の視床下部にはたらきかけ、食欲の調整を行います。脳へのストレスが軽減する事で、動物性脂肪が多い食事を欲しなくなるため、体重の減少につながります。

■主食(白米)を玄米にかえるだけで…
▽腸内環境がよくなる
▽食後の高血糖が改善
▽肥満が改善
▽脂肪肝が改善
▽がんの予防

■玄米と白米の栄養素量の比較


■玄米を美味しく炊くポイント
▽玄米を研ぐ時は、手のひら全体を使って、ザルに擦り付けるようにして研ぐ。しっかり研ぐことで、玄米の臭いを抑えて柔らかく炊き上げることができる。
▽炊飯器の玄米モードで炊き上げる事ができるが、浸水させて炊く場合は6時間以上が目安。
▽ミネラルウォーターか浄水器の水を使用した方が、美味しく炊きあがる。
※レトルトパックの利用もおススメですよ!
問合せ先
町総合保健福祉センター
電話
098-968-5932
その他
【有線】8-5932