20日午後、三重県桑名市の川で遊んでいた中学生1人の行方が分からなくなっています。

 午後4時すぎ、桑名市の員弁川で「男性が川に転落し行方が分からなくなった」などと、消防に通報がありました。

 警察によりますと、行方が分からなくなったのは男子中学生1人で、当時、同じ中学校の生徒4人と、橋の橋脚部分から川に飛び込んで遊んでいたということです。

当時、川の水位はおよそ3メートルで、普段よりも少し高くなっていたということです。

警察は、男子中学生の捜索を進めるとともに、当時の状況を詳しく調べています。