マレーグマも「顔まね」、驚きの社交スキル、研究

マレーグマも「顔まね」、驚きの社交スキル、研究

 コミュニケーションを取るとき、私たちの顔は相手の微妙な表情を映し返す鏡のような働きをする。それは同意や共感を示すためかもしれないが、目的が何であれ、相手の表情をまねるのは、人類の複雑な社会を成り立たせる鍵のひとつだ。ヒト以外にも表情を用いたコミュニケーションを行う動物がいるものの、正確にまねられるのは、これまでヒトとゴリラだけとされてきた。:サル、ゴリラ研究から現代社会を考える(提言編)」)

 ところが最近、類人猿とかけ離れたマレーグマが、こうした高度な社会的能力をもつことが発見された。研究結果は3月21日付けの学術誌「Scientific Reports」に発表された。

 マレーグマ(Helarctos malayanus)は世界最小のクマだ。大型犬ほどの大きさで、東南アジアの熱帯雨林に生息している。彼らは霊長類とは異なり、複雑な表情がコミュニケーションで重要な役割を果たすと思われるような、上下関係のある大きな集団を形成したりはしない。マレーグマは社交的でないとは言えないが、おおむねひとり我が道を行くタイプである。そう説明するのは、論文の著者の1人で、英ポーツマス大学の比較心理学者マリーナ・ダビラ=ロス氏だ。

「野生のマレーグマは、基本的に単独で生活しています」と同氏は話す。「オスは縄張り意識が強く、メスは子供とともに暮らす、限りなく単独性に近い種です」

 マレーグマの表情をまねる能力が特に予想外なのは、この単独性のためだ。今回の発見は、このような洗練された社会的能力を持つのは、もともと社会性の高い種に限らないかもしれないことを示している。基本的に単独で過ごすよう進化した動物ですら、このようなやりとりができるのだとしたら、表情の模倣は社会性の高い種だけが持つエリート的な能力というわけではないのかもしれない。複雑な社会的交流は、今まで私たちが考えてきたよりもずっと、哺乳類の間に広く見られるものかもしれないのだ。

次ページ:すばやい反応、ヒトやイヌのよう


関連記事

おすすめ情報

ナショナル ジオグラフィック日本版の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索