3400年前のエジプトに、自らの名前と宗教、そして150年以上も続いた首都を捨てた異端の王がいた。現在のルクソールにあったテーベという首都を放棄して、アケトアテンという都市を新たに築き、そこで妻のネフェルティティとともにエジプトを統治したアクエンアテンだ。だが、彼の死後に若くしてエジプトの統治者となった息子のツタンカーメンは、父の遺産にことごとく背を向けた。

 しかし、アクエンアテンがなぜ、テーベを放棄したのかは大きな謎とされている。その答えの手がかりが、このたびテーベで新たに発見された古代の産業都市から得られるかもしれない。この都市は、アクエンアテンが父親のアメンホテプ3世から受け継いだものだ。4月9日の発表でルクソールの「失われた黄金都市」と呼ばれた今回の発見は、その地を後にした異端のファラオ(王)とともに、さまざまな興奮や憶測、そして論争を呼ぶことだろう。

 この都市が最初に見つかったのは2020年9月のことだ。しかし、そのときは広大な遺跡のごく一部しか明らかになっていなかったため、それがエジプト学にとってどれほどの重要性を持つのかはわかっていなかった。ただし、保存状態の良さは研究者たちを驚かせた。

「驚異的な発見であることは間違いありません」と、エジプトにあるアメリカン大学カイロ校のエジプト学部門を主導する考古学者のサリマ・イクラム氏は言う。「まるで時間が止まったかのようです。まさにポンペイのエジプト版と言えるでしょう」

異端の王アクエンアテンとは

 この遺跡は第18王朝のファラオであるアメンホテプ3世の時代のものだ。アメンホテプ3世は、紀元前1386〜1353年頃ごろにかけて並外れた富と権力をもってエジプトを統治した。晩年には、わずかな期間、息子のアクエンアテンとともに統治を行ったようだ。

 アクエンアテンの治世は紀元前1353〜1336年頃だが、父の死の数年後には、前王が守ってきた伝統を破壊し始める。そして17年間の在位期間中にエジプトの文化を根底から覆し、太陽神アテンを除くすべての伝統的なエジプトの神々への信仰をやめた。自らの名前も、アメンホテプ4世から「アテンに仕える者」という意味のアクエンアテンに改名した。

 ファラオの背教行為はそれにとどまらない。アクエンアテンは玉座をテーベから、アケトアテン(現在のアマルナ)というまったく新しく建設した都市に移した。また、形式的で画一的だったエジプト芸術を、生き生きとした精密なものに変えるという芸術革命を主導した。

 しかし、アクエンアテンの死後、その痕跡のほとんどが消し去られることになった。息子の少年王ツタンカーメンの時代以降、アクエンアテンが作り上げた首都、芸術、宗教、そしてその名前すらも、歴史から意図的に抹消された。この異端の王がよみがえったのは、18世紀にアマルナが再発見されてからだ。それ以来、アマルナは数百年にわたって貴重な考古学的発見をもたらし続けている。

 このアクエンアテンの変革はなぜ、どのように起きたのだろうか。また、偉大なアメンホテプ3世の時代の日常生活とはどんなものだったのだろうか。今回ルクソールで新たに発見された都市は、その謎の解明に光を与えてくれるかもしれない。

次ページ:貴重な発掘品の数々