動物たちは捕食者から逃れるためにさまざまな方法を進化させてきた。なかでも「死んだふり」は、最も危険で創造的な方法かもしれない。

 死んだふりは、科学用語で「擬死」と呼ばれる硬直不動状態のこと。鳥類、哺乳類、魚類など、多くの動物が擬死を使うことが知られている。おそらく最も有名なのは北米のキタオポッサムで、口を開けて舌を出し、排泄物を垂れ流し、おまけに死臭のような匂いの液体まで出して、賞味期限切れを装う。

 モルモットも死んだふりをするし、ウサギやヘビも多くの種が死んだふりをする。鳥類では、ウズラ、ニワトリ、マガモなどがそうだ。ある種のサメは、腹を上に向けて死んだふりをする。ニシレモンザメは、ひっくり返してしばらく拘束していると、息苦しそうにしたり、ときどき震えたりしてぐったりする。

 死んだふりは数十種の無脊椎動物でも見られ、よく研究されている。

 例えば、日本に生息するトゲヒシバッタは、捕食者であるカエルが近寄ってくると脚を突っ張って硬直し、カエルがのみ込めないようにする。

「一般的に、この興味深い行動(擬死)についてはよくわかっていません」と、英セントアンドリューズ大学の博士課程に在籍するロザリンド・ハンフリーズ氏は言う。野生で観察するのは難しいうえ、実験室で捕食者に獲物を攻撃させるような実験は倫理的に問題があるからだ。これまでに明らかになっていることを、以下にまとめる。

最後の手段

 多くの昆虫は、捕食者に捕まると死んだふりをする。これは「接触後不動」と呼ばれる現象だ。

 かのチャールズ・ダーウィンは、23分間も死んだふりをする甲虫を見て驚いたというが、ウスバカゲロウの一種Euroleon nostrasの幼虫(アリジゴク)は、実に61分間にわたって死んだふりをすることができる。

 アリジゴクの巣穴があることに気づいた捕食者(例えば、ヨーロッパカヤクグリというスズメ目の鳥)が、穴に飛び込んでアリジゴクを捕まえるが、ときどき落としてしまうことがある。そんなとき、アリジゴクは死んだふりをしているのだ。

 3月3日付けで科学誌「Biology Letters」に、このアリジゴクの死んだふりに関する論文を発表した英ブリストル大学の客員研究員アナ・センドバ=フランクス氏は、「彼らにとって、これは最後の手段です」と言う。

 センドバ=フランクス氏によると、接触後不動は、例えば強盗が家に入ってきたときに、その場で身を固くして見つからないようにする瞬間的な静止状態とは違い、心拍数が遅くなるなど、不随意の生理的変化であることが多いという。

次ページ:交尾のために死んだふりをする動物も