トルコのイスタンブールは、野良ネコが多いことで有名だ。

 魚屋やレストランの前でくつろいだり、歴史的な建物のまえでたたずんだりしている彼らは、ドキュメンタリー映画やインスタグラム、そして観光客が撮るスナップ写真の被写体となってきた。しかし、観光客が目にするのは、この街の野良の動物たちが直面する厳しい現実の一部にすぎない。

「島に引っ越してきた当時、たくさんのネコやイヌが冬に食べ物を求めてさまよっているのを見かけました」と、ジェム・アースラン氏は語る。

 イスタンブール沖、クナル島(プロティ島とも)に暮らすアースラン氏は、島にいる約1000匹の野良ネコと約200匹のイヌを助けるため、「Empathy Association」を設立した。クナル島はバカンス地として人気で、夏には3万人の観光客で賑わうものの、オフシーズンには300人ほどしかやって来ない。動物病院は本土にしかないが、悪天候時には本土へのフェリーが欠航することもある。

 人が減ると、野良ネコや野良イヌたちはどうなるのか。昨年、このことは世界規模の課題として浮上した。新型コロナウイルスの大流行により、都市が封鎖され、観光業が停止したことで、人間だけでなく、世界中の何千万という路上で暮らす動物たちの生活も混乱に陥ったのだ。

徘徊するネコたち

 ヨーロッパ南東部の国モンテネグロのコトルは、世界遺産であると同時に、イスタンブール同様、野良ネコが多いことで知られる。ネコの博物館まであるくらいだ。世界的に見ても、観光客に人気のある場所は動物にも好まれることが多い。伝統的な市場や緑あふれる公園、歴史的な地区などで、イヌやネコたちは休息し、安全に過ごすことができる。だが、そうした場所の多くで、観光客が減ったことによる影響はすぐに現れた。

「政府が飲食店を閉鎖した数日後には、動物たちが食料を調達していた大きなゴミ箱が空になっていました」と話すのは、モンテネグロの路上で暮らす動物を支援する慈善団体、「Kotor Kitties」の理事であるエイプリル・リン・キング氏だ。「近所のネコたちが飢えに苦しんでいるという手紙がたくさん届きました」

 観光収入の減少も、動物に間接的な影響を与えた。「例えば、インドネシアのバリ島では、仕事を失った人々が故郷に戻ったために町全体が閉鎖されました」と語るのは、動物福祉団体「Four Paws International」の獣医師、キャサリン・ポラック氏だ。町に残った人々もいるが、野良動物たちを世話する余裕はない。新型コロナウイルスに対する根拠のない不安から、ペットの放棄が急増したとの報告もある。

次ページ:動物たちを守る