考古学者たちは時に、古代の世界に関するこれまでの理解を完全に変えてしまうような発見に出会うことがある。エジプト学でいえば、「アマルナ文書」がまさにそんな発見と言えるだろう。382枚の粘土板に刻まれた、世界最古級の外交文書だ。

 紀元前14世紀に書かれたアマルナ文書は、エジプトのファラオと、バビロニア、アッシリア、ヒッタイト、ミタンニなどライバル諸国の王、そしてエジプトの支配下にあった傀儡の王たちとの間で交わされた書簡だ。エジプト第18王朝アメンホテプ3世の治世(紀元前1390年頃〜1353年頃)に始まり、その息子のアクエンアテンの治世(紀元前1353年頃〜1336年頃)までの文書で、これらを分析すれば、エジプトだけでなく、当時の地中海東部から中東までの世界情勢や力関係を読み取ることができる。

太陽の町

 紀元前1348年頃、アクエンアテンは、太陽神アテンをエジプト唯一の神とする宗教改革を推し進めていた。そのために、テーベにあった首都を、北のメンフィスとテーベのちょうど中間に位置する何もない土地へ移し、そこをアケトアテン(『アテンの地平線』の意)と呼んだ。ファラオによる宗教改革と並行して、芸術にも大きな変化が起こった。この地域は現在、テル・エル・アマルナと呼ばれており、ここで花開いた独特の文化はアマルナ美術として知られている。

 そのアマルナでアケトアテンの遺跡が発見されたのは、1700年代の後期だった。1880年代に入って、ここで遺物の発見が相次ぎ、やがてアマルナ文書の存在が明らかになった。すると、アマルナは考古学的に極めて重要な土地として、にわかに注目を浴びるようになる。

 1890年代に、英国のエジプト学者ウィリアム・フリンダーズ・ピートリー率いる発掘団が、アマルナで初の大規模な発掘を実施すると、アクエンアテン時代の粘土板がさらに発見された。また、第1回目の発掘では「ファラオ通信局」と刻印されたレンガの建物も見つかっている。

次ページ:花嫁の交換