2020年、米国で新型コロナウイルス感染症が拡大する中、フロリダ州南部の泌尿器科医ランジス・ラマサミ氏は、ある不穏な傾向に気が付いた。ベッドルームでのパフォーマンスがうまくいかないと訴える男性が増えていたのだ。

 当初、ラマサミ氏が勤める米マイアミ大学病院の泌尿器科では、性機能障害の報告の増加は、新型コロナのパンデミック(世界的大流行)のストレスによる心理的な問題だと考えていた。しかし、患者の多くは不安や抑うつを感じていないと述べたうえ、問題が半年以上続いていると訴える人もいた。そこで泌尿器科チームは、原因として新型コロナウイルスそのものを疑い始めた。

 新型コロナ感染症は、肺のみならず、心臓、腎臓、脳などにも影響を及ぼす場合がある病気で、それらの影響は回復後も長く続くことがある。8月12日付けで医学誌「New England Journal of Medicine」に掲載された論文によると、新型コロナウイルスに感染した人の10〜30%(米国では少なくとも4200万人、世界では2億2900万人)が、「重大な障害」になりうる症状を継続的に経験しているという。

 数ある症状の中で、新型コロナが男性の性機能を阻害することを示唆する証拠が増えている。「それまで問題を抱えていなかった人でも、新型コロナウイルスに感染した後、かなり深刻な勃起不全に陥るケースがあることがわかりました」とラマサミ氏は言う。

 2021年3月に学術誌「Andrology」に発表された研究によると、新型コロナウイルスに感染した男性は、短期間または長期間にわたって勃起不全を患う可能性が6倍弱高くなるという。他にも複数の研究において、性行為に影響を及ぼす後遺症が報告されている。例えば、勃起しない、しても維持できない、精巣の損傷、睾丸の痛みや腫れ、オーガズムを得られない、男性ホルモンの1つであるテストステロン値の低下、メンタル面への影響などの症状が単独または複数現れるという。

 こうした知見は、インターネット上で広まっている反ワクチン情報とは対照的だ。最近では有名ラッパーのニッキー・ミナージュ氏がツイートしたような、新型コロナワクチンが精巣の腫れや性交不能の原因になるという誤情報だ。現在のところ、こうした主張を裏付ける研究はない。

「新型コロナワクチンの接種が勃起機能に影響を与えないことを理解してもらうことが重要です」とラマサミ氏は言う。「ウイルスは長期的に重大な悪影響を及ぼす可能性がありますが、ワクチンは安全です」

精巣と陰茎にウイルスが潜んでいた

 新型コロナウイルスに感染した男性のうち、重症化のリスクが最も高いのは、高齢者や、高血圧、肥満、糖尿病、心臓病を患っている人だ。こうした人は、そもそも性機能障害のリスクが高い。これらの疾患は、ホルモン、筋肉、血管など様々なところに影響を及ぼすからだ。

 しかし、かなり若い男性からも、性の健康に関する問題が報告されている。新型コロナの短期的および長期的な後遺症を解明するには、「まだ追跡調査と傾向分析の段階にあります」と、米オハイオ州クリーブランド・クリニックの泌尿器科医ライアン・バーグランド氏は話す。解明が待たれる後遺症の中には、男性の性と生殖に関する健康への影響も含まれる。

次ページ:性的パフォーマンスが低下する原因は?