残酷な物語の最初の手がかりが見つかったのは2010年のこと。考古学者たちがスウェーデン南部にあるエーランド島、サンドビーボルグの遺跡で、宝石を始めとする貴重品が詰まった手付かずの穴を多数発見した。翌年にはカルマル県博物館のチームがここで人骨を発見し、謎はさらに深まった。

 それから数年のうちにサンドビーボルグで26体分の遺骨が見つかった。それらの分析から研究者が導き出した結論は、5世紀後半のある日、サンドビーボルグで大量殺人があったというものだった。子どもを含む犠牲者たちは不意を突かれて殺害され、その場に放置された。研究者たちは、1500年以上前にこの地で起きた出来事を再現しようとしている。

ローマ帝国とのつながり

 スウェーデンの首都ストックホルムから南に約400キロの東海岸沖にある細長い島、エーランド島。ハンノキの森や草原、バルト海からの風にさらされる砂浜など、様々な表情を見せてくれる。

 サンドビーボルグは、この島に点在する鉄器時代の環状要塞の1つ。面積は5000平方メートルほどで、楕円形の壁で囲まれており、その輪郭は現在も残っている。考古学者によると、壁の高さは約5メートル以上あり、内部の53の住居を守っていたようだ。

 住人たちは貴重な物品を数多く所有していた。2010年に発掘された穴からは、指輪や銀のブローチ、鈴、コインなどが見つかった。中にはローマ由来のものもあった。エーランド島の戦士たちはローマ帝国の傭兵として働いていたようで、また、島のエリートたちは広くローマと交易していたと思われる。こうしたことから、贅沢品やローマのコインが島全体に蓄積されたのだろう。

凄惨な犯罪現場

 要塞化されたこの村を2011年に訪れたカルマル県博物館のチームは、最初の人骨を発見した。見つかった2つの足は、後に、頭蓋骨を割られた10代後半の男性の遺骨の一部と判明する。

 数年にわたる調査の結果、さらに残虐な事実がわかってきた。53の住居のうち3つしか発掘されていないにもかかわらず、住居や路上からは26の遺骨が発見され、しかも、いずれも苛烈な暴力の跡を残していたのだ。

次ページ:犠牲者はすべて男性だった