10月26日、米食品医薬局(FDA)の諮問委員会が5〜11歳の子どもを対象としたファイザー・ビオンテック製ワクチンの安全性と効果に関する報告書を審議し、接種を推奨すると決めた。今後FDAが承認し、米疾病対策センター(CDC)が追随すれば、米国に2800万人いるこの年齢層の子どもたちもワクチン接種を受けられるようになる。

 ファイザーがFDAに提出した臨床試験の結果は、ワクチンが5〜11歳の子どもたちを強力に保護することを示唆している。発症を防ぐ効果は90.7%で、現在広まっているデルタ株にも有効だった。

 諮問委員の一人で、ボストン小児病院の精密ワクチンプログラムを率いるオファー・レビー氏は、新型コロナウイルス感染症が大人に与えた打撃があまりに大きく、子どもたちへの感染の影響が見えにくくなっていると話す。CDCによれば、パンデミックが始まって以来、5〜11歳の200万人近くが新型コロナウイルスに感染し、150人以上が亡くなった。

 もし大人の感染者が一人もいなかったら、子どもの被害だけでも重大な公衆衛生上の緊急事態になっていたはずだとレビー氏は断言する。今問題となるのは、幼い子どものワクチン接種が可能になったとき、親がどれくらい素早く動くかだ。

 カイザー・ファミリー財団は9月、5〜11歳の子を持つ親を対象に、自分の子にワクチン接種を受けさせたいかどうかという調査を実施。すぐに受けさせたいと答えた人は34%だった。様子を見たいと回答した人は32%で、学校の義務などで必要になればと答えた人は7%だった。24%が絶対に受けさせないと回答した。

 非営利団体「予防接種活動連合」の会長兼CEOケリー・ムーア氏は、ワクチン接種をためらう親たちについて、「この段階で親が多くの疑問を抱くのは理解できます」と述べている。「自分の子どものことになると、人々は必ず用心深くなります。しかも、この年齢層に関しては、これまで安全性や副作用の情報が存在しませんでした」

 ムーア氏によれば、大人のときも同じような動きが見られたが、「効果があるとわかったら、多くの人がワクチン接種を望むようになりました」

見落としがちな子どもへの影響

 高齢者の高い死亡率を考えると、幼い子どもたちへの影響を見落としてしまうのも無理はない。

 軽度、中等度の症状に加え、5000人以上の子どもが新型コロナウイルスへの重篤な全身反応である小児多系統炎症性症候群(MIS-C)を発症しており、そのほとんどが11歳以下だ。症状は発熱、嘔吐、下痢などで、心不全、腎不全、そしてまれに、死に至ることがある。

「インフルエンザなどに比べると、新型コロナ感染症の子どもへの影響ははるかに悲惨です」とムーア氏は語る。

次ページ:子どもも受けることで家族の感染リスク減