1987年、英国の調査チームが中国側の当局と協力して、南シナ海で18世紀に沈没したオランダ東インド会社の船を探していた。ところが、チームが発見したのは、香港と広東省海陵島の間の海底に眠る全長約30メートルの「ジャンク船(中国の帆船)」で、12世紀の南宋時代の貿易船だった。

 1127年、華北の支配権を失った宋は南に退き、皇帝は臨安(現在の杭州)に新しく首都を定めて南宋を興した。南宋は安定し、隆盛を極めた。

 だが、北方の敵対勢力によって、南宋は中央アジアやヨーロッパにつながる交易路であるシルクロードの通行を阻まれた。シルクロードは、それまで数世紀の間、宋の経済の基盤だった。そこで南宋は、南シナ海の海上交通に活路を見いだし、造船業を発展させ、海上貿易で富を築いた。

 12世紀後半に、商品を積んで出港したばかりのその貿易船が沈没した。800年後に発見されたこの船からは、中国が強大な海運国を目指した時代をうかがい知ることができる。

沈没船を「箱詰め」にしてまるごと引き揚げ

 潜水調査を行ったところ、この船は出港後まもなく沈没したに違いないと考えられた。大量の積み荷が船倉にそのまま残っていたからだ。この沈没船は、この種の船としては南海(南シナ海の中国表記)で初めて発見されたので、「南海1号」と名づけられた。

 木造の船体と積み荷は、約1.8メートルの厚い泥の層に埋もれていた。積み荷には、磁器、宋時代の貨幣、銀の延べ棒などが含まれていた。船にはさらに多くの積み荷が残っていたが、泥で濁った水中で沈没船を調査することはほぼ不可能だった。資金と適切な技術がないまま、南海1号はその後の20年間、海底に眠り続けた。その間、中国海軍が現場を監視し、この水域には第二次世界大戦の不発弾が残っているというデマを流して、漁船を遠ざけた。

 2002年に南海1号の引き揚げ計画が策定され、5年後に実行された。まず、底の部分が開いた巨大なスチール製ケーソン(水中作業用の大型コンテナ)を、海底の沈没船にかぶせるように降ろした。この作業では、沈没から数百年が経過した船に損傷を与えないように、海底に設置されたセンサーでケーソンの降下位置を注意深く監視した。

 次に、ケーソンの上にコンクリート製の重いブロックを載せ、ケーソンが船底より下に届くように泥の中に押しこんだ。その後、ダイバーが頑丈な梁(はり)を何本もケーソンの側面の穴に通して、ケーソンの底面を形成した。コンクリート製ブロックを撤去後、南海1号と周囲の堆積物が格納された巨大なケーソンは、ゆっくりと海面に引き揚げられた。

 2007年12月、南海1号とその貴重な積み荷(総重量1万5600トン)は、広東省海陵島に建設された専用の「広東海のシルクロード博物館」に運ばれた。ここで南海1号は、特製の海水タンクに収められた。

 積み荷の大部分は、まだ船倉に残されたままだった。劣化を防ぐため、船と積み荷は泥と海水で覆われ、タンクの水温は船が発見された場所と同じ温度に保たれた。こうして注意深くモニターされた環境で、考古学者たちは南海1号の調査を続けてきた。

次ページ:「海のシルクロード」へ