米国では現在、新型コロナウイルスの新規感染例のうちオミクロン株の2つの系統「BA.4」と「BA.5」による感染が半数以上を占めている。どちらの系統も、過去に新型コロナに感染したことのある人だけでなく、3回目のワクチン接種(ブースター接種)を受けた人においても抗体をすり抜ける能力が高い。

 BA.4は2022年1月に、BA.5は2月に南アフリカで最初に特定された。米疾病対策センター(CDC)によれば、それから2カ月も経たないうちに米国でも優勢になったと推定される。米国では6月19〜25日の1週間に、BA.4は新規症例の15.7%を占め、BA.5は36.6%に上った。

「BA.4とBA.5の感染力がこれまでのオミクロン株より強いのは間違いありません」と、中国の北京大学生物医学フロンティアセンターの免疫学者、曹雲竜(ツァオ・ユンロン)氏は述べている。6月17日付けで学術誌「ネイチャー」に発表された曹氏の研究によれば、両系統にはワクチン接種やオミクロン株の感染によって誘導された抗体を回避する能力があり、集団免疫を突破する可能性がある。

 心配なのは、米国では新型コロナワクチン接種対象者の約4分の1が接種を1回も受けていないことだ。また、規定回数(1回接種型のワクチンを除き、2回)の接種を完了した人でも、BA.4とBA.5の感染を十分に防ぐことはできないようだ。

「BA.4とBA.5に対する保護という意味では、2回の接種は十分ではありません」と言うのは、米オハイオ州立大学のウイルス学者、シャンルー・リウ氏だ。米国では成人の半数強が1回目のブースター接種を受けているが、65歳以上の約3割が受けていない。

 このような懸念はあるものの、専門家らはワクチンやブースター接種にまったく効果がないわけではないと強調する。「現在のワクチンによる免疫でも、重症化や入院、死亡を防ぐ大きな効果が期待されます」と、米ハーバード大学医科大学院の免疫学者、ダン・バルーク氏は言う。

どれほど抗体を回避できるのか?

 曹氏による研究のほかにも複数の研究が、BA.4とBA.5は抗体をすり抜ける能力が高いことを示している。

「ファイザー社製ワクチンの接種を3回受けた後でさえ、BA.4とBA.5はこれまでのオミクロン株より巧みに、ワクチンや感染で誘導された抗体を逃れていました」とバルーク氏は言う。6月22日付けで医学誌「The New England Journal of Medicine」に掲載された氏の研究では、ワクチン接種後にオミクロン株にブレークスルー感染することによって得られた抗体さえもBA.4とBA.5はかなり回避できることが示された。

 査読前の論文を公開するサーバー「bioRxiv」に5月17日に発表されたリウ氏の研究によれば、mRNAワクチンの接種を2回だけ受けた人は、BA.4やBA.5を含むオミクロン株の系統を防ぐのに十分な抗体ができていなかった。ブースター接種によって保護は大幅に強化されるものの、BA.4とBA.5に対しては、やはり従来の系統に比べて効果は低下していた。

 南アフリカ、クワズール・ナタール大学のウイルス学者、アレックス・シーガル氏が5月1日に「medRxiv」に公開した査読前論文では、オミクロン株のBA.1系統に感染したことで誘導された抗体のBA.4およびBA.5に対する中和能力が調べられた。ワクチン未接種でBA.1に感染した場合よりも、接種後にBA.1にブレークスルー感染した場合の方が抗体の中和能力は高いが、いずれにせよBA.4とBA.5に対する効果はBA.1に比べて低下していた。つまり、過去にオミクロン株に感染した人でも新たな両系統に再感染する可能性があるということだ。

次ページ:BA.4とBA.5の違いは? 従来系統とはどこが違う?