7月3日に発行が始まる「新紙幣」。2004年以来約20年ぶりの新紙幣発行です。新紙幣になる理由、触って・透かして・見てわかる最新技術、さらに改刷での大切な注意事項を日本銀行に聞きました。

【住吉光アナウンサー(以下:住)】長崎の暮らし経済ウイークリーオピニオン。今週も平家達史NBC論説委員(以下:平)とお伝えします。

【平】今回のテーマは「新紙幣 発行へ」です。
【住】来月3日に、新しいお札がいよいよ発行されますね。
【平】新紙幣発行は、2004年以来およそ20年ぶりです。

現在有効な日本銀行券

まず変わるのは金額表記。これまで漢数字で書かれていた金額は外国人にも分かりやすいユニバーサルデザインとしてアラビア数字に代わります。

NBC

肖像も変わります。一万円札は福沢諭吉から渋沢栄一に。渋沢栄一は、日本初の銀行である第一国立銀行をはじめ約500もの企業の設立などに関わった人で「近代日本経済の父」と称されています。

NBC

五千円札は津田梅子。日本で最初の女子留学生の1人で、近代的な女子高等教育に尽力しました。

NBC

千円札は北里柴三郎。破傷風血清療法を確立し、伝染病研究所などを創立しました。

2023年に見つかった偽札681枚 偽造防げ!新紙幣の最新技術

【平】新紙幣への改札の主な目的は偽造防止です。

日本銀行・黒住卓司長崎支店長:
「去年一年間で全国で681枚、今年の1月〜3月の間だけでも204枚のニセ札が見つかっている。20年前の技術で偽造防止を続けていくことは難しい。今回約20年ぶりに改刷を実施させていただく」

NBC

新しいお札には、最新の偽造防止技術が使われています。

黒住長崎支店長:
「“3Dホログラム”を、世界で初めてお札の中に導入したということがまず1つのポイント。色んな角度から見ると見え方が変わってくる。非常に高度な偽造防止技術になっていると思っています」

NBC

透かし部分の肖像画の背景も変わりました。これまでは無地でしたが、非常に細かな模様が描かれていて、世界トップレベルの印刷技術が活かされています。

NBC

さらに角度を変えると、数字が浮き出てくるものが…。
特殊なカメラで拡大すると──『NIPPONGINKO』とアルファベットで書かれた文字を見つけました。

NBC
NBC

特殊な発光インクで、紫外線を当てると光る部分もあります。

NBC
NBC

見るだけでなく、触ってわかる部分も。

NBC
NBC

友成由紀アナウンサー:「凹凸を感じます」

識別マークとして書かれた11本の斜線部分や数字は、インクが盛り上がっていて、触るとデコボコしています。

NBC
NBC

黒住長崎支店長:
「色々な技術を今回導入しています。触ってわかる、透かしてわかる、見てわかる、そして道具を使ってわかる。新しい券を楽しんでいただければ」

タンス預金の旧紙幣はどうしたら?詐欺に注意を!!

【平】新紙幣発行後も、現在のお札は使えます。詐欺には注意が必要です。

日銀 黒住長崎支店長:
「“古いお札は使えなくなるから回収しに行きます”っていうような電話等があったら詐欺です。そういうことは決してありませんので、注意していただければと思います」

【平】現在使用できる紙幣は、22種類あります。例えば、聖徳太子の1万円札、伊藤博文の千円札、岩倉具視の500円札や板垣退助の100円札も使えます。古いものでは、明治18年発行の大黒天の1円札も使用できます。

詳しくは、日本銀行や財務省のホームページに掲載されていますので、ご覧いただきたいと思います。いずれにしても「古いお札が使えなくなる」といった話には、絶対にだまされないようにしてください。

根強い「お札」需要“新紙幣”対応の現状は?

【平】グラフは「年度ごとのお札の発行高」つまり「世の中に出回っているお札の合計額」です。キャッシュレス化が進む中でも紙幣の発行高は年々増加しており、2004年に発行が開始された現在のお札の発行高は昨年度、当初の約1.6倍でした。お札の需要が根強いことを示しています。

県内6カ所でセルフガソリンスタンドを運営しているフジオカは、来月の新紙幣発行を前に、ことし3月から4月にかけて、約30台の自動精算機を新紙幣対応機種に入れ替えました。

NBC

フジオカセルフ城山SS 中村洋輔所長:
「1SSあたり約200万弱コストがかかっていまして、会社全体では約1,000万ほどかかっております。ハイブリッド車、電気自動車が普及している中で、ガソリンの販売数量も減少していますので、このコストっていうのはかなり大きなダメージになっています。」

NBC
NBC

キャッシュレス化は進んできてはいるものの、利用者の《約6割が現金払い》だと言います。

中村洋輔所長:
「現金をまだご利用される方も多数おられますので、新紙幣ですね、もう全て対応ができるように整ってますので、安心してお客様がご利用できるかと思いますので」

自動販売機1台に10〜20万円 部品供給も追いつかず

県央と長崎市内を中心に、約350台の自動販売機を設置する長崎市の古田勝吉商店は、ことし3月以降、新紙幣に対応できる部品への交換に追われています。

NBC

古田勝吉商店・古田雅義代表取締役社長:
「部品は順次交換していくという形ですね。一度に替えるっていうのはなかなか難しいので、場合によっては1〜2年というスパンでちょっと考えてから交換しないと難しいかなと。」

NBC
NBC

自動販売機1台あたり、交換部分は約10〜20万円。この商店の場合は、メーカーが代金を負担してくれますが「部品の供給が追い付いていない」と言います。

古田社長:
「後手後手になりそうなんで皆様には申し訳ない。本当は変えずに済むのが一番いいんですけど、実際、そこ(新紙幣対応)で線引きがされてしまうと売上に直結してしまう。どうしても対応せざるを得ないのかなというところですね」

新紙幣対応は大丈夫? 平家論説委員に聞くこれから

【住】新500円硬貨が出たときと同様、企業側は苦労が続きますね。全国の自動販売機やATMなどの対応は、7月3日に間に合うのでしょうか?

【平】日本自動販売システム機械工業会によりますと、ATMや公共交通機関の券売機は7月3日までにほぼ完了見込みだということです。
一方、飲料や食品、たばこなどの自販機は2〜3割、食券や入場券などの券売機は半数までしか新紙幣対応が間に合わないということで、全て完了するには、1〜2年ほどかかる見込みだということです。

NBC

手間だけでなく、コストもかかります。日本自動販売システム機械工業会の試算によりますと、新紙幣対応で《約7,700億円》が必要とのことです。原材料費や人件費高騰の中で、新紙幣対応機種への変更など企業側にとっては負担が続きます。

「新紙幣発行を機に、キャッシュレス決済を導入する企業もありますが、その際、国の「中小企業省力化投資補助金」や「IT導入補助金」などが活用でき、新紙幣への対応も同時にできる可能性があります。
まずは、利用できる補助金や助成金を確認してみてはどうかと思います。