1日、長崎市の下水処理場で見つかった赤ちゃんの遺体は、解剖の結果月齢5〜6か月程度の女の子で死産児だったことがわかりました。

赤ちゃんの遺体は1日、長崎市田中町にある東部下水処理場で見つかり、裸でへその緒がついた状態でした。

警察によりますと解剖の結果、身長約27.5センチメートル、体重約467.6グラム、月齢5〜6か月程度の女の子で、生まれた時点で既に亡くなっていた死産児だったことがわかったということです。

遺体が見つかった東部下水処理場は、市内およそ4万3000人の下水を処理しており、東長崎地区の事業所や一般家庭の生活排水が流れ込んでいます。

警察では引き続き死体遺棄容疑事件として捜査しています。