キタサンブラック、社台スタリオンステーションに到着

キタサンブラック、社台スタリオンステーションに到着

 2017年有馬記念(GI)などに優勝し、2年連続の年度代表馬を手土産に現役生活を引退したキタサンブラック(牡6歳、父ブラックタイド)が12日朝、北海道勇払郡安平町の社台スタリオンステーションに到着した。

 現役時代は栗東の清水久詞厩舎に所属してJRA通算成績は20戦12勝(重賞10勝)。天皇賞3勝など7つのG1タイトルを手中にして歴代最高となる18億7684万3000円(付加賞含む)を稼ぎ出した。

 種付料は500万円(種付時までに納入、ただし不受胎の場合は全額返還、フリーリターン特約付き)と発表された。

関連記事

netkeiba.comの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索