トウカイパシオンが5馬身差で圧勝/中山新馬

 13日、中山競馬場4Rで行われた新馬戦(3歳・牝・ダ1200m・16頭)は、先行争いを制してハナに立った江田照男騎手騎乗の4番人気トウカイパシオン(牝3、美浦・菊川正達厩舎)が、そのまま直線に入って後続を突き放し、2着の8番人気プリームムロジンカ(牝3、美浦・高橋裕厩舎)に5馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分13秒0(良)。

 さらに2.1/2馬身差の3着に3番人気アスールダリア(牝3、栗東・西村真幸厩舎)が入った。なお、2番人気ヒザクリゲ(牝3、栗東・牧浦充徳厩舎)は4着、1番人気セレナライティア(牝3、美浦・新開幸一厩舎)は7着に終わった。

 勝ったトウカイパシオンは、父ヨハネスブルグ、母トウカイポプリ、その父タイキシャトルという血統。

【勝ち馬プロフィール】
◆トウカイパシオン(牝3)
騎手:江田照男
厩舎:美浦・菊川正達
父:ヨハネスブルグ
母:トウカイポプリ
母父:タイキシャトル
馬主:内村正則
生産者:松栄牧場


関連記事

netkeiba.comの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索