エピックスターが差し切り新馬勝ち/中山新馬

エピックスターが差し切り新馬勝ち/中山新馬

 13日、中山競馬場5Rで行われた新馬戦(3歳・芝1600m・16頭)は、行き脚つかず後方からの競馬となった柴田善臣騎手騎乗の4番人気エピックスター(牡3、美浦・田村康仁厩舎)が、直線で外から各馬を差し切り、早め進出から食い下がった3番人気パルクデラモール(牝3、美浦・鹿戸雄一厩舎)にクビ差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分37秒1(良)。

 さらに1/2馬身差の3着に7番人気レッドラフェスタ(牝3、美浦・二ノ宮敬宇厩舎)が入った。なお、2番人気トーセンロザリオ(牝3、美浦・田村康仁厩舎)は8着、1番人気ゲハイムヴァッフェ(牡3、美浦・伊藤大士厩舎)は9着に終わった。

 勝ったエピックスターは、父ロードカナロア、母ラッキーレディ、その父ネオユニヴァースという血統。

【勝ち馬プロフィール】
◆エピックスター(牡3)
騎手:柴田善臣
厩舎:美浦・田村康仁
父:ロードカナロア
母:ラッキーレディ
母父:ネオユニヴァース
馬主:子安裕樹
生産者:清水牧場


関連記事

netkeiba.comの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索