ベストマッチョが好位から抜け出し快勝/ジャニュアリーS

ベストマッチョが好位から抜け出し快勝/ジャニュアリーS

 13日、中山競馬場で行われたジャニュアリーS(4歳上・OP・ダ1200m)は、好位でレースを進めた内田博幸騎手騎乗の2番人気ベストマッチョ(セ5、美浦・手塚貴久厩舎)が、直線で前を交わして抜け出し、外から追い上げてきた6番人気マッチレスヒーロー(牡7、美浦・金成貴史厩舎)に1.1/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分10秒4(良)。

 さらにクビ差の3着に9番人気ベック(牡7、栗東・牧浦充徳厩舎)が入った。なお、1番人気ドラゴンゲート(牡6、美浦・小西一男厩舎)は4着、3番人気メイソンジュニア(牡4、栗東・渡辺薫彦厩舎)は10着に終わった。

 勝ったベストマッチョは、父Macho Uno、母Encore、その父Storm Catという血統。これで通算成績は12戦6勝となった。

【勝ち馬プロフィール】
◆ベストマッチョ(セ5)
騎手:内田博幸
厩舎:美浦・手塚貴久
父:Macho Uno
母:Encore
母父:Storm Cat
馬主:馬場幸夫
生産者:FrederickaV.Caldwell&MitchelSkolnick
通算成績:12戦6勝


関連記事

netkeiba.comの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索