【次走】ラッキーライラックが予定していたローズSを見送り 右後脚の球節に腫れ

【次走】ラッキーライラックが予定していたローズSを見送り 右後脚の球節に腫れ

 昨年の2歳女王で、今年の桜花賞(GI・芝1600m)で2着、オークス(GI・芝2400m)で3着のラッキーライラック(牝3、栗東・松永幹夫厩舎)は、右後脚の球節に腫れがみられたため、予定していた9月16日に阪神競馬場で行われるローズS(GII・芝1800m)を見送ることになった。所属するサンデーサラブレッドクラブが発表した。症状は治まりつつあるとのこと。

 ラッキーライラックは父オルフェーヴル、母ライラックスアンドレース、その父Flower Alleyという血統。これまで全レースで石橋脩騎手が手綱を取り、通算成績は6戦4勝。2017年JRA最優秀2歳牝馬。


関連記事

netkeiba.comの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索