【JRA】南部杯連覇のベストウォーリアが引退、優駿SSで種牡馬に

【JRA】南部杯連覇のベストウォーリアが引退、優駿SSで種牡馬に

 2014、2015年の南部杯を連覇したベストウォーリア(牡8、栗東・石坂正厩舎)が現役を引退し、北海道新冠町の優駿スタリオンステーションで種牡馬入りすることがわかった。同牧場のホームページで11日、発表された。

 ベストウォーリアは父マジェスティックウォリアー、母フラーテイシャスミス、その父Mr. Greeleyという血統。父のマジェスティックウォリアーも北海道浦河町のイーストスタッドで、2016年から種牡馬として繋養されている。

 重賞は2014、2015年の南部杯・プロキオンS、2013年ユニコーンSの5勝。8日の南部杯(6着)がラストランとなった。通算成績は36戦9勝(うち地方17戦2勝)。獲得賞金は4億8156万円。


関連記事

netkeiba.comの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索