【福島牝馬S】差し決着になることも多く、展開がキーに/コース解説

【福島牝馬S】差し決着になることも多く、展開がキーに/コース解説

 20日に福島競馬場で行われる福島牝馬S(4歳上・牝・GIII・芝1800m)の舞台となる福島芝1800m。このコースについて解説していく。

 福島競馬場は1周距離が1600mで、これはJRA全10場で最小となる。ゴール前の直線は292mで、これは3番目の短さだ。一般的にローカル場は「平坦・小回り」で一括りされることが多いが、この福島コースは高低差が1.9mあり、道中に複数のアップダウンがある。また、ゴール前直線にも1.2mの上り坂が待ち構えている。

 スタンド前の直線半ばからのスタート。初角となる1コーナーまでは300mほど。スタート直後に1mほど上り、残り1600m地点から下りに転じると、2コーナーで最低部を迎え、そこから再び上りになる。向正面半ばから4コーナー半ばまで平坦コースを進み、残り400mから下り→上りでコール。

 1回福島開催は前半4日間をAコース、後半2日間をBコースで行う。つまり、福島牝馬SはBコース替わりの初日となる。

 前半4日間を見る限り、福島の芝コースは標準的なレベルと考えられる。Bコース替わりになって傾向に大きな変化が生じるかどうかは、当日のレースで見極めるしかなさそうだ。

 基本的には先行有利のコース形態であることは間違いないが、昨年、一昨年と上がり1〜3位の馬が馬券圏内を独占している。先週の福島民報杯がそうであったように、小回りコースを意識してペースが上がると、差し馬が一気に台頭してくる。展開の占める比重が大きい点は頭に入れておきたい。


関連記事

netkeiba.comの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索