【鳴尾記念】メールドグラースが重賞連勝を狙う/JRAレースの見どころ

 阪神開催の開幕を飾る一戦。ここはメールドグラースに注目したい。新潟大賞典に続く重賞連勝なるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■6/1(土) 鳴尾記念(3歳上・GIII・阪神芝2000m)

 メールドグラース(牡4、栗東・清水久詞厩舎)は新潟大賞典で重賞初制覇。今年に入って3連勝を飾っており、本格化を迎えたと言っていいだろう。今回は別定戦で前走から2キロ斤量が増えるものの、D.レーン騎手とのコンビ継続は心強い。重賞連勝なるか。

 ステイフーリッシュ(牡4、栗東・矢作芳人厩舎)は大阪杯で13着に終わったが、スタート後に挟まれ、3コーナーでも内からぶつけられて外に振られる不利があった。今回のメンバーなら能力上位と言っていいだけに、巻き返しを期待したい。

 その他、昨年の中日新聞杯を勝ったギベオン(牡4、栗東・藤原英昭厩舎)、ウオッカの仔タニノフランケル(牡4、栗東・角居勝彦厩舎)、新潟大賞典で5着のブラックスピネル(牡6、栗東・音無秀孝厩舎)、宝塚記念3着の実績があるノーブルマーズ(牡6、栗東・宮本博厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時35分。


関連記事

netkeiba.comの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索