【セントライト記念】好走実績のある種牡馬が少なく、産駒として初出走の馬にもチャンスあり/データ分析(血統・種牡馬編)

【セントライト記念】好走実績のある種牡馬が少なく、産駒として初出走の馬にもチャンスあり/データ分析(血統・種牡馬編)

 16日に中山競馬場で行われるセントライト記念(3歳・GII・芝2200m)について血統・種牡馬別に検証していく。ただし、新潟競馬場で開催された2014年は除く。

 過去10回で最多となる6回の馬券絡みがディープインパクト。次点で4回のステイゴールドが続き、3回がアグネスタキオンとなっている。

 ディープインパクト産駒は26頭が出走して「1-3-2-20」。16年ディーマジェスティが唯一の優勝例となるが、同馬には皐月賞を制している実績があった。同産駒は1人気4頭、2・3人気に推されていた馬が7頭もいたことを思うと勝ちあぐねる傾向が強いかもしれない。今年は弥生賞勝ち馬メイショウテンゲンのほか、サトノルークス、(エフェクトオン、サトノラディウス、ルヴォルグ)が出走を予定している。

 なお、17年の勝ち馬ミッキースワローはディープインパクトの孫世代にあたり、その父トーセンホマレボシは京都新聞杯を芝2200mの日本レコード(当時)で勝利していた。芝2200mの重賞実績を持つディープインパクト系種牡馬の産駒という意味では、ナイママ(父ダノンバラードは13年AJCC勝ち馬)、ザダル(父トーセンラーは13年京都記念勝ち馬)にも注目してみたい。

 ルーラーシップ産駒は初出走となるが、青葉賞を制したリオンリオンは上位人気と目される。父自身も同コースで開催された12年AJCCを制しており、母アゲヒバリのきょうだいにはトゥザグローリーやトゥザワールド、トーセンビクトリーなど、中山重賞実績のある馬が多い。

 オルフェーヴル産駒も初出走となるが、今年はオセアグレイト、タガノディアマンテ、(エングレーバー)が出走予定。オセアグレイトの近親には16年の勝ち馬ディーマジェスティがおり、2代父にあたるステイゴールドの産駒が好成績を残していることからも上がり馬として注目の一頭になりそうだ。

(注)エフェクトオン、サトノラディウス、ルヴォルグ、エングレーバーは抽選対象


関連記事

netkeiba.comの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索