ワンターンの舞台で行われる芝2000m戦のハンデ戦。過去10年で1番人気は2着1回3着3回。3番人気以内まで枠を広げても1着3回2着4回3着3回と人気があてにならないレースだ。昨年も10番人気トーセンスーリヤが54キロの軽ハンデを生かして押し切った。

 ◎サンレイポケットは昨年の毎日王冠3着馬。そして、今回と同じ距離コースで行われた新潟記念も3着。全4勝のうち3勝を左回りで記録しているサウスポーで、前走の金鯱賞も6着とはいえ勝ち馬からは0.2秒差。着順ほどは負けておらず、斤量1キロ減も恵まれた印象。やや決め手に甘いところがあるので、痛みで時計がかかるような馬場状態はむしろプラスではないか。

 〇ボッケリーニは、今回と同じ左回りの中日新聞杯に勝ち、57キロの小倉大賞典はハナ差の2着。いずれのレースでもメンバー最速の上がりタイムを記録しており、5歳を迎えて力をつけてきている。一瞬の切れ味というよりもジワジワと長く良い脚を使うタイプだから、長い直線コースは持ち味を発揮しやすいはず。

 ▲ポタジェは金鯱賞3着。半年の休み明け、デビュー3戦目のプリンシパルSでクビ差2着しているくらいだから、早くからオープン級の能力は垣間見せていた馬だが、1勝クラスからリステッドまでの4連勝というのは相当な能力がなければできない芸当だ。ただ、この馬は瞬発力タイプなので新潟外回りコースでは脚の使いどころが難しいかもしれない。

 △サトノソルタスはデビュー2戦目の共同通信杯2着。昨年の金鯱賞は、今回よりも1キロ重い56キロの斤量を背負ってサートゥルナーリアの2着と健闘した。新潟競馬場は初めてになるが、左回りを選んで使われているようなサウスポーで、2勝馬ながら侮れない存在だ。

 △ダノンマジェスティはここまで8戦して4勝2着2回。馬券圏内から漏れた2度の敗戦がいずれも重賞だったことは気になるが、長い休養を挟みいまだに底を見せていないのも事実。重賞での実績がないだけに、55キロのハンデはやや見込まれた感もあるが、それだけ能力を見込まれたということか。