9日、東京8Rで行われた4歳上2勝クラス(芝2000m)は、好位の内でレースを進めた福永祐一騎手騎乗の2番人気サトノジェネシス(牡5、美浦・堀宣行厩舎)が、直線で2頭分ほど外に持ち出され脚を伸ばすと、先に抜け出した1番人気キタノインパクト(牡5、美浦・藤沢和雄厩舎)をかわし、最後は2馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムは1分57秒9(良)。

 サトノジェネシスは父ディープインパクト、母マルペンサ、母の父Orpen。全兄にGI・2勝馬サトノダイヤモンドがいる血統。

 2018年10月の新馬戦で3着ののち、11月の未勝利戦、翌年2月のゆりかもめ賞(500万下)を勝利。中117週(約2年3ヶ月ぶり)での出走となった今回のレースも制し、連勝を3に伸ばした。

 1986年以降、JRA2勝クラス(1000万下)以上では、2008年の富獄賞を勝ったフラムドパシオンの中113週を上回る、最長間隔の休み明けでの勝利となった。

 1勝クラス以下も含めた最長間隔は、タマビッグホープの500万下勝利時で中144週。